TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第20回 「岡崎クーデター」 ネタバレあり感想
« 山口・広島遠征2023 宮島めぐり(2023/05/05) | メイン | 大河ドラマ どうする家康 第21回 「長篠を救え!」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第20回 「岡崎クーデター」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」感想です。

第20回 岡崎クーデター

あらすじ

光秀(酒向芳)は、信玄亡き今、徳川が領土を取り返してくれるだろうとみていた。だが、信長(岡田准一)は勝頼(眞栄田郷敦)の才覚を警戒していた。

その徳川、武田に奪われた領地奪還を目指すが、逆に攻めに転じた武田方に領地を奪われる状況に。

スポンサードリンク

2年の月日が流れ、天正3年。信玄の死から3回忌を迎え、勝頼は思うように動くとし、まずは岡崎の松平信康に狙いを定める。
武田勝頼の軍勢が動き出す。家康のものにも岡崎が狙われているとの報が入るが、家康(松本潤)が高熱で倒れてしまう。

信康(細田佳央太)は、岡崎城から打って出て足助城を狙う。しかし、岡崎城はけが人で、あふれかえる。
怪我人の手当に奔走する、瀬名(有村架純)だったが五徳(久保史緒里)は信長の娘だと応じず。

病に伏せる家康。岡崎には、忠勝と康政を向かわせる。それでも家康は、勝頼は恐ろしい男だとし、信玄より戦略・知略のすべてを受け継いでいると話す。

その夜、密かに勝頼からの息のかかったものが動き出す。松平信康と築山殿を狙うとした。
信康を狙う一堂。だが、その裏には、忠勝たちが控えていた。逆に追い詰められる。瀬名たちを襲った一団にも、虎松らを忍ばせて反抗する。

実は八蔵を通じて、瀬名がこの件を聞いていたのだった。どの者がこれに加わるかを見るために、皆を忍ばせていたのだった。
首謀者の大岡弥四郎は捕らえられる。家康の下ではずっと戦が続いてしまうとし、あちらの船にのったほうが良いとしたのだと話す。

勝頼は、狼煙が上がらぬのをみて矛先を家康に切り替える。
この動向を見て、忠勝らは浜松城に帰還する。さらに、この戦いに参加していた虎松(板垣李光人)は家康に謁見する。虎松の話をひとしきり聞いた家康は、勝頼を討ちに行くとし、側に付けと刀を渡す。

瀬名は八蔵を使い、武田の歩き巫女・千代(古川琴音)を招き入れる。

感想

岡崎クーデターか。この件、あまり知らないなぁ。でも、勝頼の手がかかっているんだよね。信長や家康が、勝頼恐るべしというところの一端を見た気がします。

この件はきっかけに過ぎないのでしょうが、信康と五徳との間に亀裂が入り始めているように見えます。そして、瀬名と千代の接触も、後々の事を考えると不穏な事しか思い浮かばないですね。

今回、結局家康のは虎松と対面したくらいしま見せ場なしでした。この頃、家康の配下となったのでしたね。

次回は、長篠の戦いへと向かう流れのようです。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6