TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第18回 「真・三方ヶ原合戦」 ネタバレあり感想
« 山口・広島遠征2023 関門トンネル+壇ノ浦(2023/05/04) | メイン | 山口・広島遠征2023 広島呑み 「地下の和食酒場 GOTENPO」(2023/05/04) »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第18回 「真・三方ヶ原合戦」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」感想です。

第18回 真・三方ヶ原合戦

あらすじ

家康(松本潤)、討死。虎松が見たものは、家康なのか。
岡崎でも、家康が討死の噂が届く。さらに、信長の元にも。信長を裏切っていた、足利義昭の元にもその報が届いていた。
信玄(阿部寛)  の元に届いた、首級を見て信玄は微笑む。

スポンサードリンク

時は半日ほど遡る。

家康は、信玄の軍勢を三方ヶ原の先の祝田の坂道で追い打ちをかける手筈をしていた。その折、家康は夏目広次に浜松城の留守を頼む。

徳川軍が進軍した三方ヶ原では、武田軍が魚鱗の陣で待ち迎えていた。信玄に計られたのだった。この状況に家康は、撤退の命をだす。
追い打ちをかける武田勢に、徳川軍は崩壊。皆、散り散りに撤退を強いられる。織田軍は、この状況に岐阜城への撤退を決断する。

撤退戦の中、忠勝(山田裕貴)、康政(杉野遥亮)も苦戦を強いられる。そこへ、本多忠真(波岡一喜)が助太刀に現れる。
忠真が殿を買って出る。忠勝は、叔父を置いてはいけぬとするが、主君を守って死ぬの夢だろうと説得する。

忠勝らは、家康と合流するが、武田軍の追撃に隠れる事しかできない。そんな家康の前に現れたのは、居留守を任せていた夏目広次(甲本雅裕)であった。
夏目広次は、具足を脱ぐように家康を促す。周りの者は理解する。ひろつぐが、家康の身代わりになろうとしているのだと。

家康は、幼き折に城で隠れていたところをただ一人見つけた、夏目吉信の事を思い出していた。
立ち去ろうとする広次に、家康は吉信という名を口にする。広次は、過去に2度も家康の命を危うくしたとして、まだ足りぬと話す。せめて24年前にできなかった事。殿を守るという役目を果たさせてほしいとした。殿が生きていれば徳川は滅びぬとし、生きていればいつか信玄も倒せると話し、立ち去った。

身代わりとなり家康を名乗る広次。武田勢により討ち取られる。

浜松城にまで迫る武田勢。数正は兵法三十六計をなす。門を開け放し、城に閉じこもる。これは、空城の計だとした。信玄は、この計に免じて見逃してやろうと話した。都の巣食う魔物を倒すのだと話す信玄。一日も無駄にしたくないのだと語る。武田軍は西へ向かった。

家康はすすり泣いていた。だが数正らは、皆やれる事をやっていると話す。皆に命を救われたとし、無駄にはせぬと誓う。

翌年、西へ進めていた武田の軍勢が甲斐へ引き換えしているとの報が入る。

感想

前回、一瞬で終わった三方ヶ原の戦い。あらためて、その真実が語られる。

いや、わかっていたけれど、壮絶な撤退戦となりました。本多忠真、そして夏目広次。この戦いで、討ち死にする。

まさかの、夏目の名前を覚えられない、家康とのエピソード。実は、元々は吉信であった名前を、竹千代拉致の責任を取って変えていたのだった。家康が覚えていたのは、吉信という名。そのため、信という名が混じってしまっていたのだった。

その信玄も自らの病のため、西上を急いでいた訳なんだな。もう時間がないと、わかっっていた。ただ、病には勝てず。ここで、武田軍は撤退を強いられる事になりました。

次回は、武田信玄の最後

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6