大河ドラマ 青天を衝け 第八回 「栄一の祝言」 ネタバレあり感想


青天を衝け

大河ドラマ「青天を衝け」。感想です。

第八回 栄一の祝言

あらすじ

千代(橋本愛)に思いを告げた栄一(吉沢亮)。千代は、ずっと嫌われていたと思っていたと涙を浮かべる。
栄一は、旅での話をしつづける。登りつめた先にある青の話を。
そして、人は弱いばかりでも強いばかりでもないとし、世の中を変えると。

Read More


スポンサードリンク

蘇我の桜は満開(2021/03/27)


蘇我の桜 その1

3/27、サッカー観戦の帰り、まだ日も明るかったので変える前に蘇我のJFE周りで桜を観てきました。

ここら辺の桜は、気持ち遅咲きなので、ちょうど満開で見頃となっていました。コロナ禍という事もあり、桜まつりとかはやってませんでしたが。

Read More


船橋 海老川沿いの桜(2021/03/26)


海老川沿いの桜 その1

今年の桜前線は、早めに過ぎ去っていきましたね。

もう、3月下旬には満開になっていたので、気がついたらもう桜はとっくに散ってしまっています。
その3月下旬の満開の時期に、たまたま通りすがった桜を撮っておきました。

Read More


大河ドラマ 青天を衝け 第七回 「青天の栄一」 ネタバレあり感想


青天を衝け

大河ドラマ「青天を衝け」。感想です。

第七回 青天の栄一

あらすじ

江戸へと旅立つ、長四郎(満島真之介)の送別会をおこなっていた。

喜作(高良健吾)がお千代(橋本愛)を嫁に欲しいと話していた事で、その話をし始める。
栄一(吉沢亮)は、お千代は苦労するとし、やめておけと言い出し、喧嘩となってしまうのだった。

Read More


2021年冬アニメを観ていた作品を並べる


2021年冬アニメ

2021年秋アニメ(9~12月)観ていたものを並べてみます。2021年1月開始のアニメで観ていたのは3作品でした。 「約束のネバーランド」、「ワールドトリガー」、「Dr.STONE」、となります。

Read More


大河ドラマ 青天を衝け 第六回 「栄一、胸騒ぎ」 ネタバレあり感想


青天を衝け

大河ドラマ「青天を衝け」。感想です。

第六回 栄一、胸騒ぎ

あらすじ

斉昭(竹中直人)は、藤田東湖(渡辺いっけい)を安政地震で亡くしてしまう。

栄一(吉沢亮)は、喜一(高良健吾)、長七郎(満島真之介)らと稽古に励んで、アザだらけとなっていた。
そんな中、栄一は、千代に突然、お慕い申し上げていますと、告白のような言葉を受けてしまう。

Read More


Ingress Purifierゴールドメダルゲット


Ingress Prime

久しぶりにIngressネタです。

今更ではありますが、ポータルを破壊した数でもらえるPurifierメダルのゴールドをゲットしました。

Read More


吉野家 新メニューのねぎ山椒牛丼をテイクアウトでいただく


吉野家 ネギ山椒牛丼

3/12の晩ご飯は、吉野家にしました。

新商品のねぎ山椒牛丼をテイクアウトでいただきました。これは、お初なので楽しみ。

Read More


松屋 旨辛だれが美味い 牛焼ビビン丼をテイクアウトでいただく


松屋 牛焼ビビン丼

3/6のお昼ご飯は、松屋のテイクアウトでした。お初の旨辛牛焼ビビン丼を食べてみる事にしました。

元々あるビビン丼と違って、牛焼なんですよね、これが。これが、どれほどの違いなのか。

Read More


大河ドラマ 青天を衝け 第五回 「栄一、揺れる」 ネタバレあり感想


青天を衝け

大河ドラマ「青天を衝け」。感想です。

第五回 栄一、揺れる

あらすじ

栄一(吉沢亮)は、代官所で500両支払ったが、代官は話も聞かずに立ち去ってしまう。承服できぬ、栄一は帰路、惇忠(田辺誠一)に出会い話を聞いてもらう。
それは、悲憤慷慨だという。いま、そのように思っている人が多くなっていると。この世に、悲憤慷慨しているのだと。
それは、清国で起こった事と同じ事が、日本でも起こるかもということだ。

Read More


津田沼PARCOが2023年2月で閉店へ


津田沼PARCO

もう、先月の事になりますが、津田沼PARCOが2023年2月末で閉店となるそうです。

津田沼PARCOは、自分が千葉にやってきていらいずっとあったので、驚きですね。何しろ、津田沼の駅前が今のようになる前から建っていたという事なのですからね。開業40年以上経って閉店というのも寂しいものです。

Read More


follow us in feedly

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6