TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第41回 「逆襲の三成」 ネタバレあり感想
« 大河ドラマ どうする家康 第40回 「天下人家康」 ネタバレあり感想 | メイン | 大河ドラマ どうする家康 第42回 「天下分け目」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第41回 「逆襲の三成」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」感想です。

第41回 逆襲の三成

あらすじ

石田三成(中村七之助)は、五奉行五大老での政を維持できず失脚する。

これに代わって、家康(松本潤)が内府として政を取り仕切る事となる。だが、これに対して一部の者から、殺害を企てられる。本多正信は、裏で手を引いているものがいるのではないかと問いただす。家康の圧もあり、前田利長の名が上がる。浅野長政を奉行から外し蟄居。他のものも流罪となった。

スポンサードリンク

正信は、上杉、宇喜多、毛利も油断ならないとして、取り締まるしかないだおると家康に進言する。

佐和山城にて、隠居の身となっていた三成のもとに、大谷吉継(忍成修吾 )がやってきて近況を話す。家康は、前田も処分したと。大阪城西の丸に入り、政務を取り仕切っているとした。

ある日、家康のもとに捕まっていた、イギリス人・ウイリアム・アダムス(村雨辰剛)がやってくる。家康は、このアダムスの話を熱心に聞くのだった。

その頃、会津では、上杉景勝が不穏な動きを見せていた。
家康は、事を荒立てたくないと、まずは上杉景勝(津田寛治)を呼び出す手筈とした。しかし、景勝は上洛には応じず。この事を茶々(北川景子)に話すと、小田原攻めのようにするのがいいのではと説かれる。それでも、家康は、まもなく上杉は上洛に応じるだろうとした。

家康から送りつけられた文に対して、景勝は直江兼続を通じて長文の文を送りつける。直江状である。
こうなれば成敗するかないだろうと正信は告げる。そうなれば自ら出陣するしかないだろうとする家康。大軍勢で取り囲み屈服させるしかないと。

家康は、茶々を通じて秀頼よい金・兵糧を受け取る。伏見城にて、挙兵する。続々と集まる、徳川の武将たち。そして、不足の事態に備えて鳥居元忠(音尾琢真)に伏見を任せる。徳川軍は東征。江戸城にて、軍勢を加勢して会津へと向かおうとしていた。

その頃、佐和山城にて、三成の三男坊を迎えにいっていた大谷吉継の前に現れたのは、三成であった。三成は、このときを逃さぬとし家康を討つ決意を固めていた。我らだけでは勝てぬとする吉継に、三成は奉行衆と大老を味方にすれば勝てるとした。板の間に隠していた金を見せる。

毛利、宇喜多、小西の軍勢が大阪城へと入る。三成を含めたこれらの武将らが茶々と秀頼のもとに集まる。毛利輝元を総大将とし、逆賊・家康を討つため盃を交わすのだった。

一方、家康のもとに、三成が兵をあげたとの報が入る。そして、大阪・茶々より書状が届く。なんと、治部が勝手なことをして怖いからなんとかしてほしいとあった。

感想

さあ、いよいよ関ケ原に向けてカウントダウンが始まってきました。

三成が失脚し、家康が事実上の天下人に。これに快く思わないものは当然出てくるわけですが。いやぁ、茶々が裏でいろいろと暗躍しているのでしょうなぁ。三成のもとにたんまりと金が。

上杉景勝との対立。そして、直江状。家康が主人公なだけに、直江兼続側の言い分は、ほぼなかった事にされてしまったけれども。これで、上杉征伐へと大軍をすすめる家康。その裏で、家康を討ち取ろうと立ち上がる三成という構図が出来てきました。

あくまでも家康は三成を買っていたというふうになっていますね。まあ、三成からすれば、あくまでも家康は裏切り者。信用のおけぬものなのでしょう。三成に取っての正義は秀吉であり、豊臣家なのですからね。

おそろしい事に、裏で金をだしていたりする茶々が、家康には三成が勝手な事をしていると言っているのだからまた怖い。三成と家康を争わせて力を削ぐ狙いなのでしょうね。

次回、天下分け目。いよいよ、関ヶ原の戦いへと。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6