TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第14回 「金ケ崎でどうする!」 ネタバレあり感想
« 錦糸公園で4年ぶりのお花見呑み(2023/04/01) | メイン | 大河ドラマ どうする家康 第15回 「姉川でどうする!」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第14回 「金ケ崎でどうする!」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」感想です。

第14回 金ケ崎でどうする!

あらすじ

家康(松本潤)は、幕府軍の尾田勢に加わり、越前・朝倉攻めに参加していた。
手筈良く、朝倉勢を押し込める。

スポンサードリンク

その一方で、浅井長政(大貫勇輔)は、信長(岡田准一)を討つという決意をお市(北川景子)に伝えていた。
市は、次女の阿月(伊東蒼)を介して、徳川へこの事を知らせようとするが、密偵が捕らえられる。この状況に、阿月は自らが走って知らせると申し出る。

朝倉攻めの評定をすすめる家康。何か、胸騒ぎを感じていた。
数正は、信長があの将軍を担いているのは、神輿は軽いほうが良いからではと話す。おだてればいいなりになるだろうと。それを見抜いた浅井長政は、織田を裏切るのではと。

一方、阿月は、兵に捕まってしまう。そして、川に落とされる。

その頃、家康は、浅井と朝倉が結んでいれば、ここは危ないとし、陣を移すように信長に訴える。だが、笑い声があがり、光秀(酒向芳)はその意見は退けられる。信長は、我が弟は義の男だとし辱めるなと忠告する。
家康は、たしかに義の男だとし、だからこそ裏切るという事もあろうかと。信長を信じないものもいるだろうと。陣に戻った家康は、言い過ぎた事で恐々とする。だが、柴田勝家(吉原光夫)がやってきて、信長は家康がいるときだけは機嫌が良いとして、これからもお供して欲しいと頼み込む。

阿月は、一晩走り通し、徳川の陣までたどり着く。市からの伝言だとし、おひき候うと伝え息絶える。
家康は、信長を呼び出し、逃げるように伝える。藤吉郎(ムロツヨシ)に殿を任せる。

藤吉郎は、この状況にうろたえるが、これまで指揮を取った事がないとし、家康を巻き込む。家康はやむを得ず、この退き戦に臨む事となる。信長を逃がすための時間をつくるための戦いであると。

感想

さあ、金ヶ崎の退き口。しかし、かの小豆が、阿月となるとは。

この家康、思いの外、信長に啖呵切るなぁ。まあ、この家康だからこそ、心を許していたというところもあるのだろうけど。当の家康は、言ったがいいいが、ちょっと恐れおののいているけど。

本作では、市からの報せがある前から、浅井が裏切るのではと家康は考えていた。まあ、実際その通りだったんだけれど。殿を務めることになったは、成り行きで、もう秀吉のせいなんだけれど。

次回は、姉川の戦いとなるようです。浅井につくのか家康よ。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-14~2024-05-20

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6