TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第15回 「姉川でどうする!」 ネタバレあり感想
« 大河ドラマ どうする家康 第14回 「金ケ崎でどうする!」 ネタバレあり感想 | メイン | 大河ドラマ どうする家康 第16回 「信玄を怒らせるな」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第15回 「姉川でどうする!」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」感想です。

第15回 姉川でどうする!

あらすじ

信長(岡田准一)は浅井長政(大貫勇輔)の裏切りにより窮地に陥る。家康(松本潤)は、秀吉(ムロツヨシ)とともに、金ケ崎での殿をつとめる。なんとか切り抜けて、家康らは帰還する。
だが、すぐさま将軍より浅井追悼の命が下る。信長は従わなくてもいいぞとされ、よく考えて行動しろと忠告される。

スポンサードリンク

家康は岡崎に戻って、土産のコンフェイトを振る舞って、すぐに戦支度にとりかかる。

家康は、姉川での合戦に備える。信長、秀吉らと陣を構える。遠江は平定の目通しがたったと話す家康。信長は見附ではなく、引間に城を構えろとした。名も変えろと。そして、そこへ家康が入れと。岡崎は息子に任せれば良いとした。徳川の陣へ戻ろうとした際、信長は一番槍は徳川勢だと指示をだした。

小谷城より決戦へ向かう長政。お市には、見張りを解いてあるとし、織田家へ戻りたければ戻れば良いとした。さらに、家康への密書を送るのだった。
浅井長政から家康へと届いた密書には、信長に義はないとし、共に信長を討ち取らんとあった。姉川の戦いが始まろうとしている。信長は家康の陣を秀吉に見張らせる。

その陣で、家康は浅井長政につくとし、信長を討つと言い始める。信長には義はないという家康。だが、酒井忠次(大森南朋)は義とは何かと問い返す。義などはきれいごと。屁理屈だとし、信長の本陣をつけば、こちらがはさみうちにされると諭される。そんなか、浅井・朝倉の陣が動き出す。織田の陣から、ほら貝が鳴り、攻めかかれと合図が出る。浅井につきたいという家康。だが信長の陣から鉄砲が打ち込まれて、催促される。

今なら信長を討てる。だが、信長を倒した後どうなるのか。将軍は、天下は!?数正は問い詰める。おそらく、桶狭間の後のぐっちゃぐちゃになるだろうと。もう一度、やりなおすかと。悩んだ末に、家康は敵は浅井朝倉と檄を飛ばした。

こうして姉川の戦いの火蓋が打たれる。織田・徳川連合軍は、姉川の戦いに勝利する。だが、この戦いで、浅井長政には逃げられてしまった。

小谷城へ戻った長政。お市より、兄は一度裏切った者は許さないとし、なんとしても織田信長を討ち取るのだと発破をかける。

武田信玄(阿部寛)は、浅井長政を取り逃がした信長。さらに、長く遠江を離れている家康。この機に乗じてさくを労する

一方、岡崎城を信康に譲り、自らは引間城へ移る事とする。瀬名の案もあり浜松と命名する。だが、浜松入りした家康の評判はよくなかった。今川を裏切った者とされていたからだ。さらに、祝いとして踊りを舞っていた娘から奇襲を受けてしまう。

感想

いやぁ、金ケ崎は、ナレ終とは。今回のメインは、姉崎の戦いなので、まああまり引き伸ばす気はないんですね。それにしても、ムロ秀吉よ。

ここのこころ、自らで決断を下せる事が多くなってきていた家康でしたが、ここでの迷い。義のために戦うのか。まだ、家臣たちの方が、情勢を見る目はあったようです。ここで信長を討ち取っても、元に戻るだけだというのは、そうなのかも。後ろには信玄も迫っているわけですからね。

姉崎の戦いで、長政を逃したのは家康のせいではなからおうに。この光秀はまた面倒くさい

最後の最後の最後、家康は信長を裏切らず。とはいえ、信長との仲には少々気まずい雰囲気にはなってしまいましたが。

家康、浜松では嫌われ者だったのな。次回は、武田信玄とのひと悶着。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-14~2024-05-20

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6