TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第16回 「信玄を怒らせるな」 ネタバレあり感想
« 大河ドラマ どうする家康 第15回 「姉川でどうする!」 ネタバレあり感想 | メイン | 大河ドラマ どうする家康 第17回 「三方ヶ原合戦」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第16回 「信玄を怒らせるな」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」感想です。

第16回 信玄を怒らせるな

あらすじ

家康(松本潤)は、姉川の戦いの勝利し、遠江・浜松へと移住する。そこで家康は、命を狙われる。今川を裏切った家康は、遠江の民に恨まれているとし。武田こそ次なる国主にふさわしいと吠えた。放免された、その者は、井伊虎松(板垣李光人)と名乗った。

遠江には信玄の支援が入っており、治めるには地道に信用を得るしかない。

スポンサードリンク

一方、久松長家(リリー・フランキー)と於大の方(松嶋菜々子)の次男・源三郎(長尾謙杜)は武田の人質となっていた。服部半蔵(山田孝之)に頼み、武田より奪い返してほしいと頼まれる。
半蔵が忍びを送り込むと、源三郎はひどい仕打ちを受けて弱っていた。報告を受けた家康は、息災であると母に伝えよとした。

さらに、三河の一部に武田のものが忍び込んでいるとされ、三河も危ない状況。家康は、上杉謙信に書状を送るように頼む。しかし、送り込んだ者たちは途中で武田の物に殺され、この件は信玄にも知れれる。

家康は、武田との戦は避けられないとした。信玄(阿部寛)を怒らせようが怒らせまいが、遠江は切り取るつもりなのだと。家康は、半蔵に頼み源三郎の救出を試みる。信玄の耳にもこれは入っていた。それでも辛くも源三郎を救出するが、足の指がダメになる。
源三郎が言うには、皆等しく鍛えられていており、まだ優しくされていた方だと語る。そして、信玄の息子はさらに厳しく鍛えられていたと。

源三郎は、信玄より家康への言伝をえていた。信玄は、弱き主君は害悪なりと、滅ぶが民のためなりとし、生き延びたければ我が家臣となれとした。
家康は家来衆を集めて、どうするか訪ね、好きにしてよいとした。これからは信玄に媚びへつらって生きていく事になるとし、苦労して手に入れた浜松・遠江も、三河・岡崎も信玄にくれてやろうぞと話し出す。
十に九つは負けるとされる信玄。ならば、十に一つ勝てば良いと。信長は桶狭間でそれをやったのだと。

そしていよいよ、武田信玄が浜松を目指し進軍を始める。

感想

姉川の戦いから、三方ヶ原の戦いへと続く一連の流れ。

冒頭に家康を襲ったのが、まさかの後の井伊直政とはびっくりです。これは、再会が楽しみになります。

そして、武田方でいたぶられていたと思われるシーンが続いていた源三郎は、単に鍛えられていただけだった。しかも、武田方の者たちはそれ以上に.。あの、武田勝頼が、もうめっちゃ強そう。これは、武田滅びないかもと思ってしまう。

ただ、信玄はすでに病を抱えていた描写がありましたね。まあ、次回の三方ヶ原の戦いではまだ存命ですが、信玄が死んで家康は生き延びる。わからないものです。

今のところ、まったく勝ち目がなさそうな武田軍。まあ、三方ヶ原の戦いでは散々だったわけですが。次回は、その三方ヶ原の戦い

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6