TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第17回 「三方ヶ原合戦」 ネタバレあり感想
« 大河ドラマ どうする家康 第16回 「信玄を怒らせるな」 ネタバレあり感想 | メイン | 山口・広島遠征2023 新山口 「海鮮&中華 kojin mori」で一杯(2023/05/03) »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第17回 「三方ヶ原合戦」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」感想です。

第17回 三方ヶ原合戦

あらすじ

武田信玄(阿部寛)が、家康(松本潤)との決戦に向けて兵をあげる。
家康の家来衆も三河各地から、浜松へと向かう。岡崎では、信康(細田佳央太)がいざという時には後詰にと備えていた。

スポンサードリンク

武田軍の進軍が早い。次々に城が落とされていく状況だった。そうした中、高天神城も落とされる。本多勢が武田の先方・山県勢と一戦交える。武田勢が二俣城に迫る中、水野忠本が信長からの伝令だやってくるが加勢はない。

家康は、鷹狩りと称して信長(岡田准一)と密会する。5000の兵は借りられなかったが、必ず行くと信長は去っていた。その帰路、家康は瀬名(有村架純)の元を尋ねる。

武田の進軍を、浜松にて待ち受ける家康。武田信玄は、まさかの浜松城を素通りしようとしていた。信玄の思惑どおり、家康の家臣団は、打って出るかこのまま籠城すか大いに揉める。

家康は武田より勝っているものがあるとすれば、この地を知っている事と話す。家康は三方ヶ原で武田軍を追い込む策に出る。三方ヶ原に着いた家康軍を、武田軍が大軍を陣取り待ち構えていた。この戦で、家康の軍勢は大敗を喫する。

感想

ついに迎えた武田との一戦。武田軍の進軍の進行が止まらない。瞬く間に、遠江を席巻する様は、実に恐ろしい。

まあ、これだけ武田に進軍を許したら、家康としても怖気づいてもおかしくはないが、浜松城にて待ち受ける策は空振りに。ここまでは、信玄の方が一枚上手。

三方ヶ原におびき寄せて、徹底的に徳川軍を壊滅に追い込んだところまでは武田の完勝でしたね。ただ、家康討死は誤報でしたから。

次回は、三方ヶ原の戦いの様子が明らかになります。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6