TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第8回 「三河一揆でどうする!」 ネタバレあり感想
« さよなら津田沼パルコ カレーうどんせんきちで食べ納め | メイン | 大河ドラマ どうする家康 第9回 「守るべきもの」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第8回 「三河一揆でどうする!」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」。感想です。

第8回 三河一揆でどうする!

あらすじ

家康(松本潤)の家来が、本證寺まで年貢を取り返しに行ったが、返り討ちにあい1人は殺された。
本證寺を始めとした、一向宗の寺では武具を手にした門徒たちが集まっていた。

スポンサードリンク

この事は、家康の元にも知らされる。さらに、家来衆の中からも寺に向かう者が現れる。その中には、渡辺守綱もいた。城に残ったものも多く一向宗徒がおり、気が進まないと話す。それでも、榊原小平太(杉野遥亮)が先陣をきるとし、忠勝(山田裕貴)らをも乗り込む。こうして、一向宗との戦いが始まる。

だが、寺との戦は思いのほか苦戦する。一方で、本證寺では、士気が上がっていた。吉良など各地の武将が反旗を翻し、三河は内戦状態となる。
裏切りが絶えず、疑心暗鬼になる家康を瀬名(有村架純)が慰める。
しかし、そのうち、家来衆に吉良から誘いがかかるようになる。そして、夏目広次が離叛する。

家康は、石川数正(松重豊)の案もあり、服部党を本證寺に潜り込ませる事とする。空誓を亡き者にせよと。
大久保忠世(小手伸也)からの援軍要請に、家康が自ら出陣を決意する。

だが、それは一向宗徒側の罠であった。誘い込まれた、家康は被弾してしまう。
家康は夢を見ていた。義元が出てきて、我らは民に生かしてもらっているのだと語りかける。目を覚ます家康だが、お経の声とともに武器を持った者たちに取り囲まれていた。
刺殺されそうになったところ、長吉が庇い助かる。

城へと運び込まれて目を覚ました家康。
半蔵(山田孝之)が戻ってきて、一向宗についていた軍師が明らかになる。本多正信(松山ケンイチ)であった。

感想

元はと言えば、家康自身が招いた事ではあるけれど、三河がまさに二分する戦いだったのだなぁ。家康が殿であろうとも、信仰には変えられるぬ者たちがたくさんいるのもある。次々と離反者が出れば、疑心暗鬼にもなるというもの。

しかし、ホント、それでも家康についてきれる人たちがたくさんいる。なんだかんだで、家康は慕われているのよ。

それでもって、最後の最後で、本多正信が一向宗側についてましたって、そりゃまあ驚く。

次回、一向宗との争いに決着がつくのか。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-14~2024-05-20

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6