TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第4回 「清須でどうする」 ネタバレあり感想
« 松屋 期間限定 ごろごろチキンの濃厚カルボナーラがもはやなんなのかわからない | メイン | 松屋 期間限定 ボロネーゼソースハンバーグが肉肉しくて美味しい »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第4回 「清須でどうする」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」。感想です。

第4回 清須でどうする

あらすじ

今川から離反。信長(岡田准一)と同盟を結ぶべく、清須へと向かう。家来衆と清須城にはいる。元康(松本潤)は、ついに信長との対面を果たす。

その後、宿舎へと案内された元康の世話をするのが木下藤吉郎(ムロツヨシ)であった。その突拍子もない行動に、驚くのだった。

スポンサードリンク

藤吉郎がやってきて、信長が楽しみにしていたと、相撲を取ることとなる。
さらに、もう1人手合わせてしたいと言ってきたものがいて、棒術やり合う事となる。なんと、その正体は、信長の妹・お市(北川景子)であった。

お市に案内されて山の上に登る。そこから見える清須の栄えている様子。

一方、今川では瀬名(有村架純)を始めとする、関口の一族が打ち首と氏真(溝端淳平)は、そうしなければならないところだがと。

元康は、信長と領地の境などを決めようとしていた。元康は、今川とは和議を結ぶべきとしたが、信長はこれにたいして情かと問いかける。情で自らを滅ぼすのかと。今川は滅ぼせとされる。

信長と盃を交わし、同盟がなる。信長は両家の絆をたしかにするためと、市を娶るようにと元康に迫る。祝言だけでもあげてゆけとした。
もう帰ってもよいとする信長に、臣下に下ったわけではないとし、対等の立場だと。信長は、桶狭間で勝利したが、大高城では我らが勝利していると。
ここへ、藤吉郎が口を挟む。大高城はあえて落とさずにいたのだと、今川義元をおびきよせるために。なかなか腰を上げない義元だったが、元康が兵糧を運び込んでくれたと。大高が蘇り、義元は意気揚々とやってきのだと。元康は、そんな事が出来るのは戦神だけだと。

瀬名を氏真の夜伽役として奉仕するという事で、一族を許すというのだ。だが、その夜、瀬名の手に握れていたお守りに入っていた白兎の像であった。

元康は、お市との婚儀がすすめられてようとしていた。だが、氏真より戻ってこねば、関口の一族は皆殺しにすると文が届くのだった。
元康はお市との結婚を取りやめようとしていた。だが、逆に市から先に嫌だと断られるのだった。

信長は、尾田との約定を破棄して今川に戻るのかと問う。元康は、信長は兄だとして、その約定は守るとした。今川を領地を切り取り、我が妻と子を取り返すと宣言する。

感想

信長と元康の関係性。元康からすれば、信長は恐怖の対象でしかなかったのだけれど、信長からすれば一番信頼のおける弟分として見られていたのだなぁ。

今川から離反した松平と同盟を結ぶというのはよほどの事。信長は元康だから、そうしたのだろうなぁ。

まあ、大高城に入れたのも、信長の加減一つであったという、ネタバラシをされたら、まあ驚くだろうな。どこまでが、信長の仕込みであったか。それが本当ならば、桶狭間での勝利は必然だったという事なのだから。元康からすれば、やっぱり桶狭間の勝利は運が良かったと思いたかった事であろう。

元康を慕うお市。そうきたか。この後、瀬名を取り返す流れだったので、どういう持って行き方なのだろうと思いましたが。お市が発破をかけて、今川との戦いに向かう元康という構図に。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6