TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第3回 「三河平定戦」 ネタバレあり感想
« 大河ドラマ どうする家康 第2回 「兎と狼」 ネタバレあり感想 | メイン | 松屋 期間限定 ごろごろチキンの濃厚カルボナーラがもはやなんなのかわからない »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第3回 「三河平定戦」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」。感想です。

第3回 三河平定戦

あらすじ

桶狭間の戦いのあと、駿府へは戻れず、岡崎城へと入った元康(松本潤)。このとき、今川氏真(溝端淳平)は、これを評価していた。
三河で織田勢を蹴散らして、駿府へ帰ってこいと。だが、逆に三河を平定せねば、駿府へは帰れるのという事でもあった。

スポンサードリンク

このとき、鳥居忠吉(イッセー尾形)は、来るときのために銭は武器を溜め込んでいた。勢いづいていた織田勢との戦い。まずは、水野信元らとの戦いとなる。

刈谷城へ攻め込むとなった本多忠勝(山田裕貴)。元康の母の兄である、水野信元(寺島進)を討ち取ってもよいのかと問う。母の事はよく思っているが、水野信元は嫌いだと返した。順調に城を攻める元康勢だったが、背後より織田勢が迫ってきていた。

そんな中、忠勝討ち死との誤報が入ってきた。その忠勝は、まだ生きていた。
元康は夢を見ていた。義元がまだ健在で、ともに駿府へ帰り、瀬名との再会も果たすという。

一方、駿府の氏真は、三河への援軍を送れずにいた。なんとか、三河の者だけでとするしかなかった。吉良義昭が援軍にはいる。吉良勢とともに、再び水野信元を攻める。だが、敗退を余儀なくされる。
評定でも案が浮かばないなか、今川の援軍は来ないとし、織田につくべきという者も現れていた。武田信玄に助けを求める手もあるとし、文をおくるが信玄からは一蹴される。

そんな折、水野信元が元康に会いにやってくる。信長に頭を下げろと。口を利いてやるというのだ。そして、信元は妹でもある、於大(松嶋菜々子)を連れてきたのだった。
母との再会を果たした元康。その於大の方は、今川と手を切るように、忠告するのだった。妻と子が、駿府にいるとするが、於大の方はそれがどうしたというのだとした。家臣らのために、妻や子は見捨てよと。
元康は、於大の方を追い出そうとするが、吉良義昭を攻めて城を切り取れと。それが信長へに返事となると言い残す。

酒井忠次は、元康を連れて城下を歩く。百姓たちは、今川の支配から外れて、たらふく飯が食えると喜んでいると話す。三河の者たちは、とおの前より今川は見据えていると。岡崎のため、松平のために、三河一国を切り取ってくれと頼み込む。さらに、石川数正も手討ちにして構わないと頼み込む。駿府へ帰りたいのだと元康は泣き崩れる。

元康は、吉良義昭の城を攻め落とす。元康の裏切りは、駿府の今川氏真のもとにも届く。三河者の家族が粛清のために斬られていく。水野信元は、清須の信長の元へ向かうように伝える。。

感想

駿府にどうしても帰りたい元康。のちの家康。ホントに駿府に帰りたい人だったもんなぁ。

長いこと駿府で暮らしていたせいか、岡崎はもう故郷ではないのだろうなぁ。三河者と元康、その心の拠り所は、違うのだよなあ。

於大の方、いやあこれはなかなかおっかない。まあ、結果的には織田につくのが正解だたわけだけれど。あ、いや、徳川としては正解だったんだけど。まあ、結局、瀬名も、のちの信康も、信長の命で死ぬことになるわけだからなぁ。

次回、ついに信長と再会という流れのようです。清須でどうする。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-14~2024-05-20

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6