TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第6回 「続・瀬名奪還作戦」 ネタバレあり感想
« 大河ドラマ どうする家康 第5回 「瀬名奪還作戦」 ネタバレあり感想 | メイン | 大河ドラマ どうする家康 第7回 「わしの家」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第6回 「続・瀬名奪還作戦」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」。感想です。

第6回 続・瀬名奪還作戦

あらすじ

瀬名(有村架純)の奪還作戦は失敗に終わり、関口の一族には死罪が申し渡される。
その頃、政信(松山ケンイチ)は策があるとして、もう一度やらせてくれと頼む、服部半蔵(山田孝之)は、戦のドサクサにまぎれて城に忍び込む。
鵜殿長照(野間口徹)とその子を生け捕るというのだ。関口家との交換を迫るとした。わずかにも望みがあるならと、元康は半蔵にやれと命じる。

スポンサードリンク

半蔵の集めた者たちは、先日の奪還作戦の生き残り。女子供も混じっていた。
元康は、いよいよ今川方との戦に備えていた。榊原小平太が初陣を飾り。於大の方の夫、久松長家に大将を任せる事となる。
一方、上ノ郷城を守るは、鵜殿長照であった。

いよいよ戦が始まった。山城に攻めかかるが、あっという間に退却を迫られる。その夜、服部党が闇夜にまぎれて上ノ郷城へ迫っていた。死体に化けていたものたちも、断崖をよじ登り城に潜入する。夜襲で混乱したところを、海から船で兵を送り込む。鵜殿長照は自害も、子らは生け捕りにする。

上ノ郷城を落とされた、今川氏真(溝端淳平)は関口一家を殺そうとする。だが、松平の軍勢が城に迫っていると鐘が鳴らされる。
川を挟んで、鵜殿氏長、氏次を連れ出す。

石川数正が、氏真と謁見。人質交換へ臨む。取引には応じぬと言う氏真。数正をも斬れと命じる。それでも、岡部ためらう。ここで、巴が口をだす。関口夫妻は責めを負うとして、瀬名と子らとの人質交換ならば悪くないだろうと。

氏真は、瀬名と2人の子と、鵜殿兄弟の交換に応じる事にした。川を渡り、両者のやり取りが成立する。

感想

はい。2話に渡って繰り広げられた、瀬名奪還作戦。なんだかんだで、無事に取り戻す事ができました。しかし、瀬名の父・関口氏純が言っていた、命をかけるときというのは、結局あの件なのでしょうかね。これも一つの呪いですよ。

それにしても、前回の奪還作戦失敗で、多くの服部党を亡くした、半蔵が見事に今回の策を成功させたわけですよ。政信にとっても、自らの威信をかけた戦い。まあ、本人はずっと本陣にいたわけですが。

鵜殿長照が自刃という形になって、子2人だけとの人質交換。まあ、関口夫妻もろともはさすがに難しいでしょうな。まあ、とはいえ、あの場で、瀬名たちもろとも殺してしまえば、氏真は小者扱いされる事間違い出しでしたから、人質交換に応じてくれただけでもマシではありますね。

次回、一向一揆の平定へ。三河での統治が固まっていく感じなのでしょうかね。信長も、再度登場です

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-14~2024-05-20

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6