TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第5回 「瀬名奪還作戦」 ネタバレあり感想
« 松屋 期間限定 ボロネーゼソースハンバーグが肉肉しくて美味しい | メイン | 大河ドラマ どうする家康 第6回 「続・瀬名奪還作戦」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第5回 「瀬名奪還作戦」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」。感想です。

第5回 瀬名奪還作戦

あらすじ

今川との全面戦争に持ち込む事となった元康(松本潤)。憂いは、駿府に残った瀬名と子らだった。

家臣団と瀬名(有村架純)をいかに奪還するか知恵を絞るも、良い策が出てこない。
そんな中、忠世(小手伸也)より本多正信(松山ケンイチ)の名前があがるが、家臣団一団より反対に合う。本田の一族であるはずの忠勝をはじめ、すこぶる評判が悪いのだ。

スポンサードリンク

大久保忠世に連れられて、政信が元康の前にやってくる。開口一番、やりようはあると話す。まずは銭がいるとするが、その策の詳細については話せないと言うのだ。
皆が居ぬ場で、殿にだけ話すとした。結局、元康は皆を払って話を聞く事となる。政信は、盗み出すと話した。服部党を使って、瀬名と子らを連れ出すのだと。元康は、それを信じ、金を渡していた。
だが、数正らの話によれば、もう服部党はないというのだ。

一方、政信は、服部半蔵(山田孝之)を使い、策を授ける。だが、忍はやらぬと半蔵は話す。帰ろうとする政信だが、半ば強引に銭を渡して、頼むのだった。半蔵は合図で服部党を集める。

政信は、半蔵を元康の前に連れてくる。船で駿河の浜から連れ去ればと指図する。自らは行くつもりがなかった、政信だったが、元康の命もあり政信も駿府に向かう事となる。

氏真(溝端淳平)のもとでは、鵜殿長照が戦に備えていた。
買い出しに出ていた侍女・たねが服部党のものようり文を預かる。瀬名は、その夜両親に元康からの文を渡し、忍びの者共が連れ出しにやってくると話す。そして、両親ともども一緒に逃げようと話す。

半蔵は人数が増えたことで渋る。だが、政信は、関口の一族を連れてくれば大手柄だと説得する。瀬名達救出に服部党が向かうが、武者たちに襲われる。実は、巴がこの事を漏らしていたのだった。
半蔵だけは、なんとか逃げ、浜へたどり着いていた。

この件を受けて、氏真は、関口氏純、巴、瀬名ら一族を死罪とすると決める。

一方、岡崎へと帰った政信と半蔵。政信は、策があると、今一度働かせてくれと話す。上ノ郷城の戦へと参加したいと。戦のドサクサにまぎれて、鵜殿長照の子らを連れ出すのだと。

感想

ここで、本多正信登場ですか。いやしかし、松山ケンイチの本多正信胡散臭いなぁ。服部半蔵もなんか、陰キャっぽくって面白い。なんか、めっちゃ影がある。

瀬名奪還作戦、いきなり大失敗。いや、瀬名自身は、話してなかったのに、どこから漏れたかと思ったら、巴だった。やらかしやがった母上。さすがに、死罪は免れないわ。

そして、次回、続・瀬名奪還作戦。って、ここで2話使うのが。家康の話なら、先は長そうなのに、ここで尺使うとは思わなかった。次回は、奪還出来るんだよね。

そういえば、今回家康の登場シーン。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-14~2024-05-20

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6