TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ どうする家康 第9回 「守るべきもの」 ネタバレあり感想
« 大河ドラマ どうする家康 第8回 「三河一揆でどうする!」 ネタバレあり感想 | メイン | 東日本大震災から12年 3.11に「すずめの戸締まり」2回目鑑賞 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ どうする家康 第9回 「守るべきもの」 ネタバレあり感想



どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」。感想です。

第9回 守るべきもの

あらすじ

政信(松山ケンイチ)は、幼い頃の戦を夢で見ていた。目が覚めた政信は、次なる戦いに向けて士気を高める。

三河一向一揆は、周辺の武将も巻き込んで、規模を拡大していた。士気が上がる吉良や松平の対抗勢力。
一方、家康(松本潤)率いる軍勢は、先の見えない戦いに士気が下がり始めていた。

スポンサードリンク

鳥居忠吉(イッセー尾形)が、最後の小言として、家康の部屋にやってくる。道は2つに1つとし、主君が信じねば、家臣は主君を信じないとし、とことん家臣を信じる事。さもなければ、疑いのあるものは尽く皆殺しにするのだと。結果、家康は皆を信じる道を選ぶ。

これより、家康の軍勢は、勢いを取り戻し、敵対勢力を押し込んでいく。これにより、一向一揆の勢力は弱まっていく。
空誓(市川右團次)は、寺に残っていた。そこへ、政信がまだまだこれからだとやってくる。なぜ、ここに残っているのか、空誓は政信に問う。ただ、ここにいたいからとだけ答える、政信だった。

政信は、家康軍を次々で矢で射殺していく。そんな中、幼き頃に生き別れた、お玉と思わしき女に出くわす。お玉は、生きたくない言い、早く仏様のところにいきたいと話す。

家康の元に、水野信元(寺島進)がやってきていた。信長がお怒りだと。元通りにするとし、寺と和睦しろとすすめる。それは出来ぬとした家康だったが、信元は、このままでは勝っても三河国は衰えてしまうと話すのだった。

和睦の報せが届いた寺。政信は、仲介人に信元が入っている事から、罠だと見抜く。だが、空誓はこれ以上戦えと言えるかと話す。この子らを守りたかったのだと。

空誓は、家康と和議を結ぶ事となった。空誓は、紙切れは信用していないが、殿様は信じていると。寺を元通りにすると言ってくれないかと問う。寺は元通りにいたすという家康の言葉聞いて、空誓は血印を押す。

戦後処理において、夏目正次は不問となった。だが、政信は弁明しようとはしなかった。殿を殺そうとした自分を許してはいけないと。
民は苦しいから仏に頼るのだとし、悔いなければならないのは殿の方だとした。家康は、とうに悔いているとし、皆の過ちを受け止めて、前に進むと答えるのだった。政信は、三河からの追放処分となった。
最後に政信は、寺を元に戻すという約束はどうすると訪ねた。寺は元々野っぱらだった。元の野っぱらに戻すとすればよいと話す。

武田信玄(阿部寛)の元に、千代がやってきていた。望月千代(古川琴音)であった。信玄に、家康の事を尋ねられると、信長には等に及ばず。だが、それを自分でよくわかっている方だと。

感想

一向一揆との苦しい戦い。ここに終結。裏切り者が後を絶たない状況から、なんとか勝ちをもぎとったものです。

結末は苦渋の和睦。一向一揆側からすれば、事実上の負けですが。これ以上、犠牲を増やすわけにはいかないので、和睦の道しかなかった。それでも、家康は元家来に寛大な処置だったと思いますがね。

本多正信追放。まあ、後に帰参するわけですが、ここで一旦家康のもとから離れます。最後まで、食えないヤツでした。

次回、どういう話かわからないけど、家康の側室の話。。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-14~2024-05-20

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6