TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 麒麟がくる 第二十二回 「京よりの使者」 ネタバレあり感想
« 松屋 期間限定メニュー ありそうでなかった豚キムチ丼が絶品 | メイン | すき家の新カレー 横濱オム牛カレーを食べてみた »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 麒麟がくる 第二十二回 「京よりの使者」 ネタバレあり感想



麒麟がくる

大河ドラマ「麒麟がくる」。感想です。

第二十二回 京よりの使者

桶狭間の戦いから4年。十兵衛(長谷川博己)は、いまだに越前にて過ごしていた。

その頃、京では三好長慶(山路和弘)が実権を握り平穏なときが過ぎていた。松永久秀(吉田鋼太郎)は大和の国を任されていた。

将軍・足利義輝(向井理)は、傀儡となり果てていた。義輝は、関白・近衛前久(本郷奏多)と改元についてもめていた。帝に改元の伺いをたてない将軍に対して、かつて将軍を通さず改元した帝は将軍をないがしろにしていると思っていたのだった。

スポンサードリンク

そんな折、京からやってきたのは細川藤孝(眞島秀和)であった。明智家にてもてなしを受ける藤孝であったが、将軍義輝より能へ十兵衛を招待したいというのだった。思わぬ招きに、十兵衛は京へ向かう事を決めるのだった。

京へ向かう前に十兵衛は、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に謁見し伺いを立てる。義景は京で見た事を逐一知らせるようにと命じるのだった。

京では、望月東庵(堺正章)と駒(門脇麦)がタダで与えている薬の事で揉めていた。効能もわからぬ薬という東庵。何かあったとき責を終えるのかと駒を責めるのだった。駒は、言い争いとなり東庵の元を出ていくのだった。

駒は伊呂波太夫(尾野真千子)の元を訪ねるのだが、そこにいたのは関白・近衛前久であった。太夫は、一座が大和の国で、興行が出来ぬとして、松永久秀(吉田鋼太郎)の元へ行こうとていたのだった。駒は、大和の国へ向かう事となる。

多聞山城へやってきた近衛前久は、改元の件はとりやめると松永久秀に伝えるのだった。さらに、将軍を亡き者にしようと者がいると久秀に注意するのだった。

駒は街にて、あるお坊様に出くわす。食べ物を大勢の人に与え、名も名乗らずさっていくあるお坊様がいたのだった。そのお坊様は覚慶(滝藤賢一)。後の将軍・足利義昭であった。

その夜、久秀は太夫と会っていた。亡き妻の喪があけるまでまってくれという久秀だったが、その側から太夫にそばにいてくれと頼むのだった。だが、あっさりと太夫にはあっさりと断られてしまう。

三淵藤英(谷原章介)と藤孝の元へやってきた十兵衛。将軍より能を観た後話があるはずだと。おそらくは、三好長慶を討ってくれとたのまれるのではと。将軍の地位を復権するには、三好を斬るしかない考えていると言われるのだった。そして、義輝はそのために、十兵衛を京へ呼んだのだろうとも。

能を観たあと、将軍・義輝に謁見する十兵衛。義輝は、観音菩薩よりのお告げで越前より使者がやってくると。義輝は、三好長慶を討てと頼むつもりであったと。だが、将軍が己の意に沿わぬからと、その者を闇討ちしてはかえって地位を下げてしまうと。義輝は、かつて言った麒麟の話を持ち出すが、麒麟を呼ぶためにつとめてきたが、何もかもうまくいかぬと嘆くのだった。
十兵衛は、尾張の織田信長(染谷将太)を上洛させて、将軍を支えるようにさせるという。十兵衛は、信長を呼び出すように、義輝より頼まれるのだった。

義輝からの任を受けた十兵衛は、いつのまにか東庵の屋敷にやってきていた。東庵に話を聞いてもらい、決意を新たにするのだった。
そして、河内では、三好長慶が病に倒れ息を引き取っていた。再び京は動乱の時代に入るのだった。

感想

ようやく再開した「麒麟がくる」。桶狭間の戦いから一気に4年の月日が流れていました。この間に、いろいろあったと思いますが、そこら辺は省くようです。

京へと呼ばれた光秀でしたが、義輝は傀儡となり、三好長慶を討とうしているという事。まあ、そんな事でもなければ、わざわざ光秀を京まで呼び寄せはしないんでしょうね。すっかりやさぐれてしまった、義輝。もはや、足利将軍家も風前の灯火という感じです。

とはいえ、なんだかんだで三好家も、あえて将軍家を取り潰そうとはしていないようなので、足利将軍が続いている状態なんですな。義輝にとっては、その状況がたまらないのでしょうが。

駒は、ホントに未来の天下人たちによく会います。のちの秀吉や家康にも会いましたが、今度は足利義昭とも邂逅を果たします。まあ、この頃は将軍になるとは思ってなかったのでしょうけど。

そして光秀は、何を思ったのか、信長を上洛させようとします。もっとも、勢いのある大名・織田信長を呼び寄せる事で、将軍家の地位を今一度上げようというのはわからないでもないですが、信長の力は光秀が思っている以上のものになっていくわけで、このときの光秀はそこまで思いが及ばなかったのでしょう。

次回は、どうやら将軍義輝がこれで最期になるようです。そして、信長も再登場するようなので、これまた楽しみではあります

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)
池端 俊策
NHK出版 (2020-01-11)
売り上げランキング: 416
関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-10~2024-05-16

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6