Top > エンタメ > アニメ > 前期(2019年冬)見てたアニメを並べる
« なか卯 柔らかお肉が美味しい プレミアムカツカレーを食べてみた | メイン | 新紙幣の肖像に、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎に決まる »
このエントリーをはてなブックマークに追加

前期(2019年冬)見てたアニメを並べる



2019冬アニメ

2019年冬アニメで見ていたものを並べてみます。1月開始アニメで観ていたのは4作品。あまり多くはなかったですが、前クールから観ていたものもあったので、そこまで少ない感じではなかったですね。 「どろろ」、「revisions リヴィジョンズ」、「約束のネバーランド」、「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」となります。

スポンサードリンク

どろろ

「どろろ」はご存知手塚治虫原作の漫画ですが、ビジュアルが今風になってかなり見栄えが変わっています。映像も音楽もかなりかっこよく仕上がっています。

これまで原作もアニメ化作品も観ていなかったのですが、これはかなりわかりやすいし、面白いですね。原作から設定を簡略化したりしてますが、コンパクトにまとまっていい感じに仕上がってます。

4月から新章突入という事で、まだ続いてますが、どこまで続くんですかね。

revisions リヴィジョンズ

「+Ultra」枠でやっていたIngressの次にやっていたので、流れで観てしまいました。渋谷が未来に飛ばされるという事件から始まるお話。なんだかんだで、主人公がかなり中二病がかったり幼稚な面が出てしまったりしてしまいますが、最後はシリアス展開にも。最後の方は大人たちが死んだりと思ったよりも重い話になってしまいました。

結局のところ、ミロの所属していた組織アーヴの正体だったり、解決していない事もあって少々消化不良気味なところは、ありますが中々面白かったとは思います。

約束のネバーランド

週刊少年ジャンプ連載中の「約束のネバーランド」がノイタミナ枠で放送。作画もかなりよくて、テンポのよくて良かったです。ハウス脱走まででワンクールというのは想定通りでした。既にシーズン2もやる事が決まってますが、実はここからが本番だったりもしますからね。

まずは序章として、あらためて復習としてみるにはちょうど良かった感じでした。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~

ヤングジャンプ連載の作品。原作はまったく読んでなかったのですが、割と評判がよかったので観てみる事に。まあ、これはなかないいですね。原作はまだまだ続いているようなので、セカンドシーズンも

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2019-11-30~2019-12-06

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6