TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 真田丸 第15回 「秀吉」 感想
« 熊本地震は大災害に | メイン | 熊本城再建の道のりはやはり長いのか »

大河ドラマ 真田丸 第15回 「秀吉」 感想

2016年4月20日

真田丸

大河ドラマ「真田丸」の第15回の感想です。

第15回 「秀吉」

あらすじ

信繁(堺雅人)のいた部屋に突如、秀吉(小日向文世)が現れる。ほどなくして、福島正則が現れ、信繁を連れて外へとぬけ出すのだった。これを知った石田三成(山本耕史)は苦虫を噛み潰す。

スポンサードリンク

秀吉は信繁たちを連れて舞妓のところへと足を運んでいた。
信繁が上杉に会わなくてよいのかと尋ねると、秀吉は、昌幸(草刈正雄)が一向に現れない事をそれとなく注意するのだった。
そこへ、三成が現れて、上杉が待っていると伝えられる。秀吉は、信繁のせいにして、その場を凌ごうとするが三成には通じない。

再三にわたって上洛せよと書状をおくってきている秀吉に対して昌幸はまだ動かなかった。昌幸は、信幸(大泉洋)に、秀吉が信長に取って代わる男だと思ってるのかと尋ねる。

信幸は、旧織田家臣や、上杉、毛利も秀吉に従っていると説くが、昌幸は今が秀吉の天辺ではないかという。これから落ちる一方なのではという疑心を抱いていた。信長のときのようにはなりたくないといい、もう少しだけ様子を見るというのだった。

信幸は、訓練をしている佐助(藤井隆)を見かける。正式に、出浦昌相(寺島進)に弟子入りするというのだ。

昌幸は、信繁からの報せを待っていた。秀吉がどういう人物か見極めるためだ。あまりに、信繁を信用する正信に、薫は信幸もいるという。だが昌幸は、信幸は戦国の世が終わってからこそ役に立つと言うのだった。

上杉景勝(遠藤憲一)は、秀吉と会うのが翌日になっていた事に憤慨していた。もっとも、信繁はその秀吉と既に会っていたのだが。

その信繁の元に、三成が現れる。信繁に合わせたい人物がいるという。それは大谷吉継(片岡愛之助)であった。酒の席で、信繁は三成になぜ秀吉に自分の事は伝えていないと嘘をついたのかと問う。誤解を与える言い方をしたと三成はお茶を濁すのだった。そこへ加藤清正(新井浩文)が訪ねてきたとの報せが入る。三成に昨夜の詫びをしたいと言うのだった。
信繁は、三成がなぜ急に親しげになったのか疑問を抱く。大谷吉継は、秀吉に気に入られた事で、大事な人物に鳴ったからだと説いた。

翌日、ようやく上杉景勝は、秀吉に謁見する。秀吉は、上杉の本領・越後を安堵するといい、東の要として位を授けられる事となる。さらに、秀吉は景勝に、真田への肩入れは控えろという。秀吉は、徳川を真田に差し向けているという。徳川が攻め入った際に、上杉は援軍を差し出すなということだった。

景勝は困惑していた。本領安堵のためとはいえ、真田を助ける事はできなくなった。上杉景勝、信繁らは、千利休(桂文枝)の茶に呼ばれる。利休の入れた茶をのむ秀吉。だが、景勝が茶を飲んだところで、信繁とともに先に出ていろと言うのだった。秀吉は、景勝が自らに従うか利休に訪ねていた。利休は、景勝は従うだろうという。

きり(長澤まさみ)は、羽柴秀次(新納慎也)と出くわしていた。取ってきたびわを寧(鈴木京香)の元に届けてくれというのだ。

秀吉は、配下の武将を集めて、検地について説いていた。各地で異なる大きさの升を統一して、各地の石高を明らかにするよう申し渡すのだった。
その場にいた信繁は、そのまま秀吉に誘われて出て行く事となる。信繁は、秀吉とともに茶々(竹内結子)の元に赴き、神経衰弱に興じる事になるのだった。

そして、信繁は、寧たちの集まりに呼ばれるのだった。その光景は、秀吉の家族のつかの間の平穏だった。

感想

信繁と秀吉、そしてこれから縁が深くなる面々との対面の回となりました。

いやあ、やはり小日向さんの秀吉は、一癖も二癖もありますなぁ。何を考えているのか腹の中がわからない。

信繁とは後に親子関係となる、大谷吉継も登場。さらに、秀次に、福島正則、千利休と主要な面々が登場となりました。

昌幸は、相変わらずの昌幸でしたが、秀吉相手だとさすがに分が悪い感じがします。最終的には、秀吉に下ることになるわけですが、その前に徳川に攻め込まれるかもという事態に。

信繁は、上杉家の人質という扱いから、秀吉の側にいることになるのですね。秀吉相手に、苦労する信繁も楽しみではあります。、

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。