TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第13回 「幼なじみの絆」 ネタバレあり感想
« なか卯 うまトマ親子丼が思いの外美味しい | メイン | 松屋 期間限定 チキンとチーズのラタトゥイユカレーを食べてみた »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第13回 「幼なじみの絆」 ネタバレあり感想



鎌倉殿の13人

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。感想です。

第13回 幼なじみの絆

あらすじ

時政(坂東彌十郎)が、鎌倉をでて伊豆へ帰ると言い出す。頼朝(大泉洋)は、出ていく事はないとし、元はと言えば自分が悪いと。
そんななか、源行家(杉本哲太)がやってくる。行家は、所領をくれとするが、頼朝は受け付けない。弟、義円を死なせた事もある。
義仲(青木崇高)と組んでもいいのかと言い出す、行家だが、頼朝は構わぬとした。
しかし、義仲は未だ挙兵はせぬものの、京への物資を経ち、先を越さねかれない状況でもあった。

スポンサードリンク

その義仲は、頼朝に勝るとも劣らない勢力があった。その義仲の元へ、行家はやってきていた。いますぐ、京へ攻め上るのだと。

武田義信(八嶋智人)がやってきて、義仲をなんとかしろと言ってくる。平家と組んで、鎌倉に攻め込むつもりだと。信濃に攻め入って、真偽を確かめればと。人質を差し出せば、その気はないとすると。

京から、文覚がやってきた。清盛を呪い殺したとされるが。京では法皇に、信頼されていると。

鎌倉殿の御家人たちが騒ぎ始めていた。源氏同士の争いについていく気はないと。義時が説明して説き伏せようとする。それでも、坂東武者たちの信頼は得られず。この状況に、頼朝たちは、今回は文を送り真偽を問うだけにしておく事となった。

義仲の元へいく範頼(迫田孝也)に、時政も同行する事になるが、義経(菅将暉)がついていきたいとしてくる。致し方なく、明後日の朝に経つを伝えてしまう。

比企能員(佐藤二朗)は、源氏にとりいろうと、範頼、義経を呼び寄せ、娘らを紹介する。範頼はすぐに立ち去るが、義経は残ってしまう。

翌朝、義経は同行せず。範頼や義時らは出立する。義仲の元へやってきた、範頼、義時、義村。待たされていたが、ようやく対面を果たす。
噂の事を尋ねるが、北陸に攻め込んだのは、東海道の頼朝や武田とぶつからないためだと言う。義仲は、なんと嫡男を人質に差し出すと言ってきたのだった。

感想

ようやく登場した木曽義仲。なんか、思ったのと違うというか、もっと荒くれ者のイメージのあった義仲ですが、なんだか思慮深い。しかも、嫡男を人質に出すというのもすごい。

その義仲が京へ先に攻め入るわけですが、まだその手前の段階です。頼朝は、奥州の藤原秀衡にも目を向けなければならず、鎌倉をなかなか離れられない状況。義仲が攻めてくるとなれば、また一つ面倒事が増えるわけなので、とりあえずはことが収まって良かったのでしょう。

特に、この頃音沙汰のなかった義経ですが、戦がしたくて仕方がない困ったちゃんでした。義仲のところへ行かなかったのは、良かったですわ

今回、亀の前が出てきて、政子に説教じみた事を言ってますね。亀の前のその後はあまり明らかになっていないようですが、本作ではどうなるんでしょうか。

ここまで引っ張ってきた、義時と八重。あまり、通説ではないようですが、義時と八重の子が泰時という話もあるようなので、本作ではその路線でいくようですね。

次回は、いよいよ京へ攻め入る義仲。頼朝の動向やいかにという感じでしょうかね。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6