TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第2回 「佐殿の腹」 ネタバレあり感想
« 松屋 期間限定 黒毛和牛と黒豚のハンバーグが肉肉しくて美味い | メイン | なか卯 新メニュー 牛・親子丼が満足感たっぷりでした »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第2回 「佐殿の腹」 ネタバレあり感想



鎌倉殿の13人

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。感想です。

第2回 佐殿の腹

あらすじ

伊東祐親(浅野和之)と、頼朝(大泉洋)をかくまっている時政(坂東彌十郎)が対峙する。
平清盛(松平健)の元にも、宗盛(小泉孝太郎)より頼朝の一件が伝えられる。しかし、東国の事は、東国で方を付けさせろと一蹴する。

頼朝は、逃亡先で山内と出会う。一方、伊東祐親と北条時政は睨みあっていたが、 大庭景親(國村隼)が仲介に入る。
話し合いとなるが、お互いに譲らない。佐殿は北条に預け、娘から手を引かせる事で手を打つ。

その夜、頼朝が戻ってくる。頼朝は北条家で預かる事となった。

スポンサードリンク

三浦義村(山本耕史)は、大庭景親に頼朝を話した事を、義時はせめるが、礼をを言ってほしいくらいだと話す。頼朝の首をはねてしまえと、義時に話すのだが、それは出来ないと断る。
祐親は、八重(新垣結衣)には、頼朝に合わぬように伝え、嫁に出すする。

一方、北条では八重を頼朝に合わせることにすると宗時が話し出す。義時は、頼朝に八重に会いに行くと伝えるが、なぜか断られてしまう。そして、兵などあげぬとし、この地でゆったり過ごすと言い出す。

比企尼は、八重と頼朝が会う場を貸す事を許す。頼朝は、政子に八重の事を話す。政子は、代わりにはなれぬと話す。義時は、頼朝は来れぬとし、これはどうするのだとなるが、最終的に頼朝が来れぬ事を比企尼に伝える事となる。
一方、八重にも伝えるが、嘘をついた事がばれて問い詰められる。
義時は、頼朝が兵を上げぬと話したが、宗時はなぜか勘違いして、坂東武者の勇ましさをみせると。

義時が帰ると、頼朝は政子と湯河原へ行ったと話される。義時は、頼朝を追って湯河原へ向かったが、政子はいなかった。

政子は、八重に会うために伊東へ行ったというのだ。政子は、八重と対峙する。八重には頼朝を諦めるようにと話す。

もう北条を出ていってくれと話す義時に、頼朝は語りだす。政子に近づいたのは、北条を後ろ盾に悲願を果たすのだと。いずれ挙兵し、清盛を打ち倒すのだと。義時を、頼りに出す弟だとするのだった。

感想

見えぬ、頼朝の腹の中というところでしょうか。大泉洋の妙なのか、頼朝も人たらしに見えてしょうがないんですよね。まあ、実際そうだったのかもしれないですけど。

そして、八重と政子の対峙。これはなんかピリピリするものがありました。たしかに、この八重は、ガッキーの役柄としては中々見ないタイプの人かもしれません。でも、八重はこれで退場なんでしょうかね。

兵はあげないと行っていた、頼朝が実は虎視眈々と挙兵の機を狙っていて、義時を弟と呼ぶのは、どこまでが本心なのかはわからないのですが、後々の事を考えると本心なのかもとも思うし、このときは言いくるめたに過ぎないのかもと思ったりしますね。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6