Top日常グルメ > 丼からデザートまで食べまくり 「ふるさと祭り東京2018」
« 食べて楽しい観て楽しい「ふるさと祭り東京2018 」に行ってきた | メイン | 西郷どん 第2回「立派なお侍」ネタバレ感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

丼からデザートまで食べまくり 「ふるさと祭り東京2018」



ふるさと祭り東京2018

「ふるさと祭り東京2018」の続きになります。

たくさんの出展者が集まった「ふるさと祭り東京」ですが、もちろん地方のおいしい食べ物も沢山ありました。さすがに、多すぎて片っ端から食べるわけにはいかなかったので、もう少し食べたいものもあったかなぁという感じではありました。

スポンサードリンク

まずは、どんぶり選手権のチケット2枚を引き換えて、2種類の丼を食べてみました。1枚500円という事で小ぶりの丼ではありますが、何種類も食べるならこのくらいの量が丁度いい気がします。

まずは、島根県の炙りのどぐろ丼。これは、のどぐろ寿司を丼にしたもののようで、炙ったのどぐろに温玉などがのっています。このサイズでこの値段なので、のどぐろは3切れしかありませんが、やっぱり美味しいですね。まともに、のどぐろを食べたのは初めてかもしれません。

炙りのどぐろ丼

もう1つは、志布志初の黒豚三昧丼。見たとおり、黒豚を使った角煮などがのった丼です。丼のサイズ自体が小さいので具だくさん過ぎて逆にご飯が少ししかないという、なんとも贅沢に具がのっていました。中のご飯もタレが絡んだご飯になっているので、全体的に味は濃い目ですが、これだけいろいろ楽しめるといいですね。何気に卵焼きが焼き立てで美味しかったです。

黒豚三昧丼

小ぶりとはいえ丼2杯を食べて、もうお腹が膨れてきてしまったので、ここからはちょっとずついろいろ食べようと思ってたのですが。

秋田県ブースにあったきりたんぽ料理のうち、味噌たんぽと肉巻きたんぽを食べてみました。味噌たんぽは焼いたきりたんぽに甘い味噌ダレをからめたものです。焼き立ての香ばしいきりたんぽが美味しい。

味噌たんぽ

続いては肉巻きたんぽです。きりたんぽを肉で巻いてやいたものですが、中のきりたんぽはこちらの方がやわらかくて美味しかったです。ただ、きりたんぽ自体がご飯で出来ているので、2本も食べたのは失敗でしたね。これで、完全にお腹が一杯になってしまって、これ以降あまり食べれませんでした。

肉巻きたんぽ

とりあえず、歩きまわってお腹を減らそうとしたのですが、中々そう簡単にはお腹は減らず。途中で食べたのが岩手県のブースにあったずわい串。ずわい蟹の身と鯛のすり身で出来ているそうで、なかなか豪華な組み合わせです。見た目もずわい蟹の身っぽい感じです。その場で焼いてくれるので、焼き立てがまた美味しい。他にも、タコの足が丸丸1本串になってたりとボリューム満点でした。

ずわい串

もっと、いろいろ食べたかったのですが、お腹が苦しいので諦めました。でも、最後にデザートだけと思って、石川県マルガージェラートさんのマスカルポーネチーズのジェラートを食べてみました。マスカルポーネチーズが濃厚でおいしい。

マスカルポーネチーズのジェラート

会場内で食べたのはここまで。自分用の手土産として、鹿児島地鶏の手羽先唐揚げと、秋田のいぶりがっこを買って帰りました。

やはり、これだけ沢山の店があると一人で行くと食べきれないですね。数人で連れだっていった方がいいかもしれません。ただ、土日は人が多いので、団体行動も大変そうでした。

今年は行きませんが、来年はもう少し体調を整えて、がっつりいけるようにして行きたいと思いました。


関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-11-05~2018-11-11

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6