Top > 地域 > 関東 > 食べて楽しい観て楽しい「ふるさと祭り東京2018 」に行ってきた
« 新年会は「彩 -irodori- 新横浜店」で豚しゃぶ食べ放題 | メイン | 丼からデザートまで食べまくり 「ふるさと祭り東京2018」 »

食べて楽しい観て楽しい「ふるさと祭り東京2018 」に行ってきた

2018年1月14日

ふるさと祭り東京2018

ふと思いついて「ふるさと祭り東京2018」に行ってきました。特に予定もなかったので、前から行ってみたかったイベントだったのでお昼過ぎからでしたが行ってきました。

事前にセブンイレブンに寄って、どんぶりチケット2枚付きのチケットを購入しておきました。

スポンサードリンク

「ふるさと祭り東京2018」の会場は東京ドーム。東京ドームに入るのはいつ以來でしょうかね。大分、しばらくぶりだと思います。

東京ドーム

入場するとすぐにステージが見えて来ます。丁度、盛岡さんさ踊りが始まったところのようでした。特別観覧席はかなり埋まって大賑わいでした。

盛岡さんさ祭り

そしてステージ脇で大いに目立っていたのが五所川原立佞武多。遠目で観てもデカい。近くで見るとさらにデカいのですが、この立佞武多は会場内のどこからでも見えるので、いい目印にはなるでしょうね。

立佞武多

その立佞武多のステージ開催時には場内のライトが消灯されて、立佞武多の照明が灯ります。場内は、それでも明かりがあるので、そこまで真っ暗ではないですが、ちょっとびっくりしますね。

立佞武多演舞

場内を回っていて目についたのがこの観音像。どうやら高崎市のブースのようで、高崎白衣観音像のミニチュアのようです。これでも、かなり大きくて目立ちます。

高崎白衣観音像

同じ高崎市のブースにあった巨大だるま。高崎市はだるまでも有名なんですね。

高崎だるま

そして遠くからでも目立っていたのが秋田県ブースの出入り口にあるこの秋田犬。これは、つい寄りたくなってしまいます。

秋田県ブース

他にも八戸市の三社大祭の山車のミニチュア版が置かれていたり、各地域の祭りや特産にかかわるものが置かれているのが楽しかったです。

三社大祭の山車

レアゆるキャラのイカドン出現。八戸市の市場に登場するというイカドンがこの会場にもいました。まさかイカドンに会えると思ってもみませんでした。

イカドン

あおもり10市ブースにあった、2種類のりんごでつくられたハートマーク。近づくとりんごの香りがプンプンします。

りんごのハートマーク

最後に、帰り際に見かけたゆるキャラレルヒさん。どうやら新潟のゆるキャラのようですが。ここにも結構な人だかりが。ゆるキャラは、どこへ行っても人気度が高いですね。

レルヒさん

今回は、食べ物関連をのぞいたものだけを紹介しました。食べ物編は次回に続きます

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。