TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 真田丸 第42回 「味方」 感想
« すき家の期間限定 牛すき焼き丼をさっそく実食 | メイン | 津軽鉄道で人間失格号走る »

大河ドラマ 真田丸 第42回 「味方」 感想

2016年10月25日

真田丸 42話

大河ドラマ「真田丸」の第42回の感想です。

第42回 「味方」

あらすじ

幸村(堺雅人)は、茶々(竹内結子)との再会を果たすのだった。
なんと14年ぶりの再会であった。茶々は、ついに戦になってしまったと嘆くが。そのおかげで、幸村と再会できた事は喜ぶ。
そこに、茶々の叔父・織田有楽斎(井上順)が現れる。有楽斎は、今宵は宴にしようと幸村を盛りたてる。だが、有楽斎は、幸村をおだてていたに過ぎなかった。真田の名前を利用して盛り立てようとしたのだった。

スポンサードリンク

幸村は、大野治長(今井朋彦)に案内される途中で、かつての書斎を尋ねる。三成、吉継に帰ってきた事を報告するのだった。

幸村の元に、後藤又兵衛(哀川翔)と毛利勝永(岡本健一)が訪れる。
又兵衛は、後からきた幸村に大きい顔をしてほしくはないと注文する。又兵衛が、なぜ一人部屋なのだと問うと、勝永も一人部屋だという。
かつては大名だったという勝永。又兵衛とやりあう事になってしまう。幸村は一人部屋から相部屋に移る事にした。
幸村と相部屋になったのは、なんと長宗我部盛親(阿南健治)であった。一方、又兵衛の相部屋の相手は明石全登(小林顕作)であった。

駿府城では、真田が大坂城に入城した事が、家康(内野聖陽)に知らされる。家康は戦支度を早めることにする。
家康は、真田という名を恐れているのだと言う。阿茶局(斉藤由貴)は、豊臣はどうするつもりかと尋ねる。
どこか遠国に追いやり暮らしてもらうしかないという家康、阿茶局はなまぬるい事をという。滅ぼしてしまうように家康を叱りつけるのだった。

家康は駿府をでて大阪へと向かう。一方、秀忠(星野源)は家康が先走って行かれた事を嘆くのだった。
今回の総大将は自分だとし、いつまでも徳川の要のように思われては困ると言う。正信(近藤正臣)は、家康が己の総仕上げのつもりだと言うのだが、秀忠はどうでもいいという。
秀忠は、戦支度を始める事にする。今度は、戦場で家康に自分の事を認めさせると。これは自らの総仕上げだと。

秀忠の元に、信之(大泉洋)が訪れる。自らが参陣出来ぬ詫びとともに、信吉(広田亮平)、信政(大山真志)を参陣させる事を報告しにきたのだった。
秀忠の軍勢と共に、信吉、信政が大阪へ向かったあとに、佐助(藤井隆)より幸村が大阪方についた事が信之に知らされるのだった。
信之は、信繁が自分が捨てた幸の字を拾って幸村と名乗った事で、本気だと感じる。戦が長引く事を恐れるのだった。

佐助は、幸村が作兵衛を味方として引き入れる事も伝えにきていたのだった。作兵衛は江戸を離れる前にと、すえの祝言を行わせるのだった。
作兵衛が、大阪へ立とうとしたときに、信之が目の前に立ちふさがる。信之を相手にやりこめられて斬られようとしたときに、信之が病による手の震えで刀を落としてしまう。作兵衛は、これを見逃してくれたと勘違いして、そのまま大阪へ向かうのだった。

幸村は、秀頼(中川大志)そして千(永野芽郁)と対面する。秀頼は、幸村に豊臣の総大将になるように頼むのだった。
気の進まぬ幸村だったが、内記(中原丈雄)は、これを聞いて大いに喜ぶのだった。相部屋の盛親も総大将を引き受けるように言うのだった。

いよいよ、豊臣家の軍議が始まる。秀頼が入ってきて、軍議が始まろうとするが、又兵衛が割って入る。昔の身分、禄高、しがらみなどを一切なくして貰いたいと頼むのだった。
まず、総大将を選ぶ事となるが、秀頼が推す幸村に、又兵衛は反対する。幸村は、自分も総大将になりたい訳ではないという。しかし、我らはそれぞれに腕がありながらも、まとめていく力がなければ徳川に勝てないという。
大局を見ることが出来る事ができるものが上に立つ事で、何倍もの力をだす事が出来ると。それが、なぜ幸村なのだと問う又兵衛に、2度徳川と戦い2度退けた事があるという。
又兵衛は、盛親を総大将に推すのだった。かつて四国を切り従えた大大名の息子だとして、国衆あがりの真田とは違うと。治長は、一旦預かるというが、勝永は時がないとし今ここで決めてもらうようにと言うのだった。
幸村は辞退し、盛親も拒否する。結局、総大将は立てずに戦う事になってしまうのだった。

幸村は、5人の大将をたてて、それぞれ1万の軍をあずかり、その上に秀頼が総大将となるのはどうかと案を立てる。幸村は、自らと毛利、明石、長宗我部、後藤の5人ではどうかといい、皆もこれに同意するのだった。

内記は、まとまりがないと嘆くが、幸村は違っていた。牢人たちが自分の行く末に望みを持っているからだとする。無理やり駆り出された徳川勢とは違うとする。この戦十分に勝てると幸村は言うのだった。

感想

信繁あらため幸村は、茶々と14年ぶりに再会。九度山へ向かう際には、会わずにおいたものが、予想通りに再会を果たす事になりました。しかし、有楽斎がすごく適当で笑ってしまった。

家康は、またしても昌幸が亡くなった事を覚えていませんでしたね。ただ、前にも聞いた事は覚えているようで。真田の名前が脅威だというのは自分でも自覚があるようです。そして、豊臣を滅ぼすようにそそのかしたのが、阿茶局だったとは。家康は、豊臣を滅ぼすつもりはなかったのですね。

家康も老いましたが、秀忠付きになった正信も老いましたな。秀忠の前で居眠りしてしまう正信。

信之は信之で、弟が大阪方についているとは知らずに、息子たちを参陣させてしまいました。まあ、九度山村にいた弟がいるとは思ってなかったんでしょう。しかも、作兵衛まで取られてしまって。信之は、あのまま作兵衛を斬るつもりだったんでしょうかね。しかし、あそこで刀を落としてしまう辺り、大坂の陣には参加しなくてよかったという事だと思います。

幸村は、秀頼の信頼は厚いのですが、牢人たち。特に、又兵衛、勝永がいちいち突っかかってきます。幸村がなるはずだった総大将もなくなってしまったのは、後々の戦いにも影響しそうです。

そして、長曽我部盛親がなんともヘタレキャラ。その風貌からは、勇猛果敢な武将という雰囲気を漂わせながら、自ら上に立とうという感じではないんですね、これが。

幸村は、なんとか大将5人で丸め込めます。又兵衛、勝永も一応は大将という肩書に満足したようで。こんな調子でどうなるんだろうという感じでしたが、幸村は勝算ありとみていたようです。この時点では、父、昌幸直伝の策も残っていた訳で、又兵衛らの出しゃばりはむしろいい方に捕らえていたんでしょうね。

次回は、京へ打って出るか籠城するかの軍議となります。結果は、籠城戦になる訳ですが・・・。そして、予告編では真田丸登場も近しという事なので、いよいよクライマックス

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。