Top旅行 > 久慈・仙台旅行 1日目 千葉から久慈へ大移動(2016/08/11)
« リンガーハットの夏メニュー 冷やしちゃんぽん 白はさっぱり系 | メイン | 中郷SAの揚げたてふわふわのあんこう唐揚げ丼が美味かった(2016/08/11) »

久慈・仙台旅行 1日目 千葉から久慈へ大移動(2016/08/11)

2016年8月16日

久慈市

夏休みは、久慈と仙台へ行ってきました。久慈へは、あまちゃんのロケ地などを回ってきました。

まず初日(8/11)は、千葉から久慈への大移動で1日が終わりました。朝7時ころに出発しましたが、思わぬ事故渋滞などで、予定よりかなり時間が懸かってしまいました。

スポンサードリンク

今回は、東関道から圏央道を経由して、常磐道で宮城県まで移動するコースにしてみました。ただ、いきなり、宮野木JCTでかるい渋滞にハマってしまいましたが。

その後、圏央道で常磐道まで向かいましたが、片道1車線の対面通行なので、そこまでペースは上がりませんでした。ここは、思いのほか時間がかかった気がします。

常磐道まで入ったところで休憩としました。東海PAで休憩する事にしましたが、その先で事故渋滞との情報。Googleマップのナビで迂回ルートを提示されたので、一度高速道路を降りて、日立中央まで移動する事としました。下道は、渋滞はほとんどなくて順調でしたが、実際に早かったかはわかりません。

常磐道に乗って、中郷SAまで移動しました。11時も回っていたので、ここで昼食にする事にしました。

中郷SA

中郷SAを出て四倉PAに一旦停車。此処から先は、SAはしばらくないのでというのがあります。常磐道も、いわきより以北は片道1車線の対面通行で、ところどころで渋滞が発生していました。道路交通情報ではなかなか、この渋滞が乗ってなくて、予定外に時間がかかった気がします。

南相馬鹿島SAで休憩にしようと思ったら渋滞の影響なのか混雑していて、ここを諦めてその先の鳥の海PAまで移動する事にしました。鳥の海PAは小さなPAですが、新しく出来ただけあってキレイですね。

鳥の海PA

この先は、常磐道から仙台東道路を経由して、東北道へと向かいます。既に、東北道では渋滞が発生してて、しばらく渋滞の中を通り過ぎることになります。

長者原SAで一旦休憩をとる事にしました。とりあえず、牛たんフランクを食べて一休み。

牛タンフランク

しかし、この先でまたもや事故渋滞が発生しているとの情報。滝沢PAに着いた頃には18時を回ってしまいました。滝沢PAからまたもや下道に降りて迂回する事となりました。その後は、若干渋滞の名残がありましたが、順調に進めました。ただ、既に日は落ちて真っ暗な中を運転するのは疲れました。八戸道もなかなか疲れましたが、九戸ICで下道に降りてから久慈市内に出るまでも辺りが真っ暗なので疲れました。幸い、前を先行する車が常にいる状態だったので、その分は楽でしたが。

当初は、早めに着いたら、久慈市内に食べに出かけようと思っていましたが、到着が遅くなってしまったので、コンビニ飯で済ませてしまいました。翌朝早くに起きたいという事もあり、久慈グルメは翌日のお楽しみにしました。

今回の、千葉から久慈までの経路と時間を表にしました

時間 場所 距離 所用時間 ペース(km/h) 備考
7:21 幕張IC 40.0 0:43 54.5
8:05 大栄JCT
39.8 0:33 72.4
8:38 つくばJCT 渋滞
67.1 1:37 41.5
10:15-10:16 東海PA 迂回
11:12 日立中央PA
20.9 0:30 96.4
11:42-12:15 中郷SA 昼食
48.2 0:32 90.4
12:47-12:51 四倉PA
72.7 1:14 58.9
14:05-14:08 南相馬鹿島SA 停車のみ
37.3 0:32 69.9
14:40-14:59 鳥の海PA 休憩
76.0 1:10 65.1
16:09-16:55 長者原SA

渋滞あり

141.1 1:38 86.4
18:33-18:45 滝沢PA 渋滞あり
19:04 西根IC 迂回
31.1 0:19 98.2
19:31 安代JCT
19.6 0:12 98.0
19:43-19:47 二戸PA
18.6 0:12 93.0
19:59 九戸IC
20:34 久慈市内
 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。