Top旅行 > あまちゃんロケセットなど盛りだくさん あまちゃんハウス訪問 (2016/08/12)
« あまちゃんで有名になったまめぶ汁付き生姜焼き定食を食べてきた(2016/08/12) | メイン | 勉さんもびっくり 久慈琥珀博物館(2016/08/12) »

あまちゃんロケセットなど盛りだくさん あまちゃんハウス訪問 (2016/08/12)

2016年8月22日

あまちゃんハウス

久慈・仙台旅行の2日目。久慈市での午後は、駅前近くにある、「あまちゃんハウス」に行ってきました。

「あまちゃんハウス」では、朝ドラ「あまちゃん」で使用されたロケセットや衣装などが展示されています。お土産品売り場も併設されています。

ちょうど、8月6日に旧まちなか水族館後に移転された直後でした。以前は、もう少し離れたところで、今よりも手狭だったようです。

スポンサードリンク

中に入ると、記念撮影ようのスペースがあります。これ、海の中の部分が半透明になっていて、ちょうど海に潜るようになっている風に撮れるようです。あいにく一人なので、撮影はしていませんが。

あまちゃんハウス 撮影ポイント

そして、あまちゃんと言えば、「喫茶リアス」。セットの看板やメニューが展示されていました。横にあるのは、「そでがはま」駅の表札です。

そでがはま 喫茶リアス

ドラマの中で使われた、北三陸鉄道の記念列車用のヘッドマークです。潮騒のメモリーズのお座敷列車用と、北三陸鉄道運転再開時のものです。

北三陸鉄道 ヘッドマーク

撮影で使われた衣装も展示されていました。こちらは、アメ横女学園のものです。

アメ横女学院 衣装

こちらは、北三陸鉄道のきっぷ売り場になります。ここから、いろいろのぞいて見てましたね。よく見ると、込んだ作りになっています。

北三陸鉄道 きっぷ売り場

奥の方には、「あま絵」コーナーも有りました。様々な人が書いた、あま絵が展示されていました。駅前などの看板やシャッター絵に使われているものも含まれています。

あま絵 展示

袖ヶ浜漁港協同組合のセットです。北の海女発祥の地の立て看板や、海女さんの衣装もありました。

袖ヶ浜漁港協同組合

その奥には、北三陸高校潜水土木科の作業着や潜水服、K3RKDNSP(きたさんりくをどうにかすっぺ)ポロシャツも展示されていました。

潜水土木科作業着 北三陸今度こそ何とかすっぺポロシャツ

海女カフェの看板になります。ちょうど、こんな感じでしたかね。素朴でいい感じです。

海女カフェ 看板

あまちゃんハウスへの訪問者です。このシールを張っていくパターンが久慈市の建物には多いですね。やはり東北地方以外では、関東が多いようです。

あまちゃんハウス 訪問者

旧まちなか水族館は、2階部分がまだ未使用部分が多く、これから展示品が増える可能性もありそうでした。この後は、道の駅に立ち寄ったのちに、琥珀博物館へ行きました。

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。