Top旅行 > あまちゃん ロケ地訪問 小袖漁港 その1(2016/08/12)
« 幻の駅弁を求め 早朝久慈駅散策(2016/08/12) | メイン | あまちゃん ロケ地訪問 小袖漁港 その2(2016/08/12) »

あまちゃん ロケ地訪問 小袖漁港 その1(2016/08/12)

2016年8月19日

夫婦岩

今回の久慈行きの目的はやはり「あまちゃん」のロケ地訪問です。

まずは、あまちゃんのロケ地で、袖ヶ浜漁港となっていた小袖海岸へ行ってみました。

久慈駅近くから、県道268号線を通って小袖海岸へと向かいます。あまちゃんのロケ地で有名になった事で、土日祝日はマイカー規制があるようですが、平日だったのでそのまま車で向かいました。県道268号線は、途中から道幅が狭くなっていて、すれ違うのが大変な場所もあります。まだ、午前10時過ぎという事もあって、車の行き来も少なかったので、そのへんはまだ助かりました。

スポンサードリンク

まだ海岸沿いの狭い道に出る前に見えるのが久慈の港になります。この日は、天気もよく海も非常にキレイでした。

久慈港

同じ場所から、海の方を観た風景になります。向かい側にも港が見えますが、この辺一帯が久慈湾になっています。

久慈港近くの海

さらに先まで行くと、途中で見えるのが"つりがね洞"になります。明治三陸地震の前までは、洞穴の中に釣り鐘型の岩があったそうです。

つりがね洞

崖沿いの細い県道を通り抜けて、小袖港までやって来ました。既に、観光客がちらほらやって来ていました。

しっかりとあまちゃんロケ地の看板もできていました。あまちゃんの中では、"袖ヶ浜漁港"として描かれています。丁度、海女Cafeの競って場所ともなっています。

袖ヶ浦漁港 ロケ地看板

さらに、真新しい本型の記念碑がありました。"北限 海女の道起点地"と"あまちゃん ロケ地 記念碑"が対になっています。Googleストリートビューで観ると、2014年にはなかったので、かなり新しいもののようです。

北限 海女の道 あまちゃんロケ地 記念碑

小袖港には、あまちゃんで度々出てきた、灯台があります。ドラマの中では、堤防の上をアキちゃんが走ったりするのですが、上には登れないようにロープが張られていました。

灯台は、この堤防の先にあります。思ったより距離があります。やはり、この灯台は皆さん近くまで見に行っていますね。

小袖港堤防

堤防の先まで行くと、ようやく灯台が見えてきます。それほど、大きな灯台ではありません。確かに、ドラマに出てきていた灯台ですね。あまちゃんを見ていたので、感慨深いものがあります。

小袖港 灯台

灯台の近くまでやってきました。回りは、非常にいい景色になっています。ここも階段の前にロープが張られていて、上には登る事ができません。

小袖港 灯台

堤防の入り口にあるのが夫婦岩と呼ばれる大きな岩です。ここに張られているしめ縄は、東日本大震災時の大津波でも切れなかったという事で、縁起物とされているそうです。

堤防側からの夫婦岩

その夫婦岩の麓にあるのが、赤磯大明神と書かれたちいさな鳥居です。

赤磯大明神

この後は、小袖海女センターに立ち寄ってみました。続きは、次回へ。

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。