TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 真田丸 第7回 「奪回」 感想
« まさか!! 映画「変態仮面」の続編が公開へ | メイン | ウィズ京葉ガスでガス料金もまるわかり »

大河ドラマ 真田丸 第7回 「奪回」 感想

2016年2月24日

真田丸

大河ドラマ「真田丸」の第7回の感想です。

第7回 「奪回」

あらすじ

滝川一益(段田安則)は、北条氏直と対峙していたが敗走する事となる。小田原城では、北条氏政(高嶋政伸)がその報を聞きほくそ笑むのだった。

真田昌幸(草刈正雄)は、一益敗北の知らせを聞き、沼田城と岩櫃城奪還に乗り出すのだった。しかし、沼田城には人質のなった母・とりは見当たらない。

スポンサードリンク

信幸(大泉洋)に岩櫃を抑えさせ、昌幸と信繁(堺雅人)は、箕輪城へと向かった。

滝川一益は、伊勢まで退く事とするといい、昌幸と別れの杯をかわそうと言うのだった。人質は伊勢まで行く途中、信濃を抜けたら解放するというのだった。

信繁は、とりときり(長澤まさみ)の無事を確認し、再び奪還の機会を狙う事とする。一益は、沼田と岩櫃を昌幸に返すと言う。なにもせずとも、沼田と岩櫃は返ってきた事になる。

翌朝、一益のもとにも、昌幸が沼田城、岩櫃城を襲った事が伝えられる。一益は、人質とともに、小諸城へ入るのだった。

小諸城へ潜入した、信繁は場内の兵をうまく騙して、とりときりの元までたどり着く。しかし、きりが忘れ物をとりに行っている間に、信繁が外からやってきたものとバレてしまうのだった。さらには、滝川一益にも見つかり、真田の人質を奪還ししにきた事もバレてしまう。四方を囲まれた信繁らは捕らえられてしまうのだった。

佐助(藤井隆)からの報せで、滝川一益が小諸城から出ていない事をしる昌幸。その行く手には、木曽義昌が立ちふさがっていたのだった。道を譲らない木曽義昌に対して、一益は真田からの人質を差し出す事にするのだった。なんとか信濃を通り抜ける一益だったが、結局清州会議には間に合わなかった。

とりの元に、木曽義昌が訪れる。義昌の事を昔から知るとりに頭が上がらないのだった。とりの提案で、信繁ときりは人質から開放される事となった。

その頃、真田の里では、国衆たちが次々と北条についている事を昌幸は知る。出浦昌相(寺島進)にもまずは北条についてくれと頼み、自身は北条には付かぬと言う。

昌幸はなんと、上杉景勝(遠藤憲一)に会いに行っていた。景勝をうまく取り込んで、配下につく事に成功するのだった。

真田の里に返ってきた昌幸に、信繁は大目玉を食らうのだった。しかし、信幸と信繁の両方合わせて一つだと説くのだった。昌幸は、信繁に、叔父・信尹とともに春日信達を調略せよとの仕事を頼むのだった。

昌幸は、上杉の力を見限り、北条へ付くというのだった。

感想

さて、いよいよ昌幸が、北条、上杉、徳川を相手に大立ち回りを始めました。口八丁で、滝川一益を丸め込んだものの、人質奪還はならず。信繁も、人質奪還に失敗して、自らが人質となってしまう有様でした。

昌幸の思った通りの筋書きにはならなかったものの、結果的には昌幸の思惑通りに事が運んでいる感じです。

安土での松救出にも失敗し、今回は一益のもとからの人質奪還にも失敗した信繁ではありますが、昌幸には一定の信頼は得ているようです。上杉配下の武将の調略というおお仕事を命じられたわけですが、どうなることやら。

昌幸の本当の狙いは、信繁にも判っていないようなので、ますます苦労しそうな気がしますね

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。