TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 青天を衝け 第三十四回 「栄一と伝説の商人」 ネタバレあり感想
« 松屋 期間限定 ボロネーゼ&マスカルポーネ風Wソースのハンバーグが美味かった | メイン | すき家 牛がけ麻婆丼を食べてみた »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 青天を衝け 第三十四回 「栄一と伝説の商人」 ネタバレあり感想



青天を衝け

大河ドラマ「青天を衝け」。感想です。

第三十四回 栄一と伝説の商人

あらすじ

明治10年、西南戦争が勃発する。戦争とはなんと金の動くことかと岩崎(中村芝翫)は言う。
だが、栄一(吉沢亮)は怒っていた。この戦争で政府の金が大量に使われたのだ。

さらには、西郷(博多華丸)、大久保(石丸幹二)亡きあと、政府の金を握っていた大隈(大倉孝二)は、不良紙幣をばらまいている。これに対して栄一は怒りをぶつけるのだった。

スポンサードリンク

それでも一時的に景気は回復し、栄一のもとに銀行を作りたいという者が多くやってくる。
三菱商会の岩崎も同じように考えていたが、前島からは海運業に専念してほしいと止められる。

政府は、徳川の世に結んだ不平等条約に悩んでいた。 だが、大隈と伊藤博文(山崎育三郎)が交渉するも、民の名を語る政府に、未だ議会も出来ていない状況に、一笑に付される状況であった。
伊藤は、栄一らを集めて、商人による会議所を作って欲しいと頼む。 喜作(高良健吾)らは反対してたが、栄一はこの話に乗る。

東京商法会議所を作った栄一。しかし、その場には岩崎は居なかった。岩崎を買う、栄一だったが・・・。
岩崎は、大阪で五代(ディーン・フジオカ)に商法会議所はそれほど必要なものなのかと訪ねていた。五代は栄一に先を越されたと嘆いていた。 外国と商売で争っていくには必要なものと思っていたのだ。

渋沢家には、栄一を慕って書生たちが集まり始めていた。書生たちの言い分に、千代はたしなめるのだった。
栄一は、政府は貧しいものは各々のせいだとし、助けようとしない。貧しいものがいるのは政府のせいだと栄一は言う。それを救う場ないのが今の世だと嘆く。 栄一が支援する養育院だったが、環境はよくなかった。千代は自分も今度連れて行ってくれと頼むのだった。

栄一は、岩崎の酒宴に呼ばれていた。 栄一と岩崎は馬が合うようで盛り上がっていたが、これからの実業に関して意見をかわすと肌色が変わる。
合本ではなく1人の才覚ある人物が上に立つのがいいという岩崎に対して、合本がいいという栄一で意見が割れる。
経済は、才覚があるものが勝つという岩崎。栄一は、岩崎の誘いを断る。それでも、この場に留まるように言う岩崎に、やす(木村佳乃)が声をかけ助けるのだった。

経済が発展していく中、没落していくものが現れる。やすのもとにやってきたのは、伊勢八の娘・伊藤兼子(大島優子)であった。
栄一と千代は、養育院にやってくる。千代は、子どもたちに裁縫を教えるのだった。 栄一と、千代は頻繁に養育院を訪れるようになる。

栄一は、ガスや電気などの暮らしに役立つ事業を発展させていた。
その最中、アメリカから グラント将軍がやってくるという。かつての不平等条約解消のためにも一流国とみとめられねばならぬと岩倉(山内圭哉)らは話す。
そして、民としてグラント将軍を盛大にもてなしてくれと頼まれるのだ。官と民が力を合わせねばとしながらも、これに賛同する。
さらに海外では、婦人同伴が当たり前とし、千代たちにも協力を仰ぐのだった。

感想

既に登場時から衝突するものと思われていた、岩崎弥太郎。なぜか、まだ会ったこともない、この男を買っていた、栄一でしたが、案の定反りが合わない。これこそ、視聴者目線だと、絶対合わなそうな2人だったので不思議ではなかったのですが。

栄一には栄一の信念がある。だからこそ合本にこだわり1人の者が勝ち上がる世にはしたくないのだろう。養育院も、その1つではあります。

民の立場である栄一ではありますが、かつての官での付き合いもあって、政府からいろいろ頼まれるのですなあ。栄一からすれば、それが民のため、日本のためになるならと引き受けます。実際、政府主導でやるよりも良かったりする事もあったでしょうね。

そして、ひっそりと、後に千代の後妻となる兼子登場。この人もままた数奇な人生です。

次回は、今回出てきたグラント将軍を饗す会。これは、なかなかおもしろそうです

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6