TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 青天を衝け 第三十二回 「栄一、銀行を作る」 ネタバレあり感想
« 松屋 期間限定メニュー マッサマンカレーが今回も美味かった | メイン | 吉野家からハヤシライス登場 牛だくハヤシライスが肉だらけ過ぎた »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 青天を衝け 第三十二回 「栄一、銀行を作る」 ネタバレあり感想



青天を衝け

大河ドラマ「青天を衝け」。感想です。

第三十二回 栄一、銀行を作る

あらすじ

栄一(吉沢亮)は、大蔵省を辞める決意をする。栄一は、杉浦(志尊淳)に先に辞める事を詫びる。
その頃、大蔵省では井上肇(福士誠治)が、大隈を相手にやりあっていた。揉め事を起こす、井上に四苦八苦していたのだ。辞めるという井上に乗じて、栄一もではと辞めるのだった。

スポンサードリンク

大蔵省を辞した井上と栄一は、新聞で政府の内情を語る。多額の借金を民の税により賄おうとしているとし、徳川の世より酷いと。

栄一が家に帰ってくると、なんと三野村(イッセー尾形)がやってきていた。栄一が三井に入社するというのだ。栄一は、三井に入る気はないとし、合本で銀行を作りたいのだと話すが、三野村はならばこれからは商売敵ですなと去っていく。

明治6年、国立第一銀行が誕生する。さっそく、行員に簿記を教えるのだが、講師は算盤をいらないとする。しかし、栄一は算盤は優秀だとし、西洋式の筆算との勝負を呼びかける。この算盤勝負で勝利し、簿記にも算盤が必要だと認めさせるのだった。

栄一は、五代(ディーン・フジオカ)を相手に、合本も楽ではないと話す。その五代は、大阪でカンパニーを起こしていた。東で栄一、西で五代が起業したのだ。

三菱商事の岩崎弥太郎(中村芝翫)は、井上と栄一が抜けた大蔵省へと乗り込もうとしていた。

栄一の母、ゑい(和久井映見)は、栄一家で世話になっていた。体の調子がわるいと横になる事も増えていた。千代(橋本愛)に、苦労をかけたと謝るゑい。

その年、イタリアから喜作(高良健吾)が帰ってきた。喜作は、横浜で養蚕の商いをするというのだ。栄一は富岡製糸場の事を話した。生糸がヨーロッパでも認められていたのだった。

静岡では、平岡やす(木村佳乃)が、慶喜に会いたいと乗り込んでいた。

栄一は、商いをやる事のほうがむいていると母に話す。その母は、身近にいるものの事も大切にするようにと話すのだった。
母・ゑいも様態が悪くなり親族を呼ぶようにと医者も話していた。千代は、おくにを呼び寄せる。ゑいは、栄一、千代に話しかけた後、息を引き取る。

その年、岩倉具視暗殺未遂事件や、佐賀の乱があり、大久保利通(石丸幹二)を頭を悩ませていた。台湾への出兵を決意した大久保だったが、船の調達が出来ずに居た。大隈は、三菱の手を借りて兵を送る事にするのだった。

感想

いよいよ民に下った、栄一の話が始まります。ある意味、これからが渋沢栄一たる物語と言えましょう。

まずは、銀行を作った栄一でしたけれど、さすがに簡単にはいかないようで。三井組、小野組の間をなんとか橋渡しする役目ではありましたが。ここで、ただ西洋のやり方を導入するだけではなく、算盤は使えると残したのは面白いところでした。

五代がいて、三菱商事の岩崎がいてと、これまたまさに魑魅魍魎の世界といえましょうね。せっかく立ち上げた銀行も次回には経営危機ですよ。

そして、前回の父に続いて、母が死去。ゑいさんは、我が子は誰もかわいいいう人。最期、くにを招き入れたのは、そういうゑいの事を思ってなのでしょうかねぇ。

この回あった、佐賀の乱しかり。まだ、この後西南戦争もあり、時代はまだ不穏な空気があるのですよ。その中で、様々な事業をおこしていくわけですからね。渋沢栄一という題材の面白さなんでしょうね

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6