TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 麒麟がくる 第三十七回 「信長公と蘭奢待」 ネタバレあり感想
« 松のや ロースかつカレーをテイクアウトでいただく | メイン | 松屋 期間限定メニュー ビーフシチュー定食 お肉柔らかで美味しい »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 麒麟がくる 第三十七回 「信長公と蘭奢待」 ネタバレあり感想



麒麟がくる

大河ドラマ「麒麟がくる」。感想です。

第三十七回 信長公と蘭奢待

あらすじ

元亀4年3月、足利義昭(滝藤賢一)は織田信長(染谷将太)に対して挙兵する。
遠江から進軍していた、武田の軍前は突如として引き返す。浅井、朝倉からの援軍もなく、足利義昭は織田軍に召し捉えられる。

スポンサードリンク

義昭とともに戦った三淵藤英(谷原章介)も捉えられた。弟の藤孝(眞島秀和)は信長に付いていた。
藤孝に対し、いつから裏切り者になったと声を荒げる三淵。
藤孝は、時の流れをみたのだとする。大きな時の流れを見誤ってはならぬと。
信長からの沙汰は、岩成道成が籠城している淀城を2人で落とせと。
光秀は、三淵との間に勝ちも負けもないとし、あるのは紙一重の立場の差だと。三淵に、光秀に力を貸してほしいとするのだった。

菊丸(岡村隆史)は、信玄の事を光秀に託していた。
その菊丸は、東庵(堺正章)のところへやってきていた。
駒(門脇麦)は、義昭のもとを訪ねていた。駒は、このまま戦を続けて勝てると思っているのかと問い詰める。
義昭は、毛利にも書状を送っているとし、返事がくるかはわからぬが、将軍として送り続けると。
戦を終わらせるには戦しかないと。そのために書き続けているのだと。

信長は、改元を言上していた。朝廷からきた案に思案していた。
そこに光秀がやってくる。信長は、天正がいいとする。
光秀は、公方様をどうするのかと尋ねるが、どこぞへでも追放すればいいとそっけない。藤吉郎にまかせていると。
そして、武田がどうしたのかを気にかけていた。光秀は、噂だがとし、信玄が死んだという。

信長は、浅井・朝倉を攻め立てる。一乗谷まで攻め入る。朝倉義景は、景鏡の寝返りもあり討ち果たされる。さらに、小谷城で浅井も打ち破るのだった。

信長は、朝倉が所持していた品々を今井宗久(陣内孝則)に目利きさせていた。
宗久は、これだけのものを手に入れた今、天下をとったといってもいいとするのだった。
信長は、蘭奢待は知っているかと問う。さらに、自分は蘭奢待を拝見できるかと問う。
今の信長ならば拝見出来るであろうと宗久は答える。

光秀は、信長が何を考えているのか?と宗久に問う。
山の頂に立っている人にしか見えないものがあるのだろうとするが、光秀は公方様を退け、これからどのような社会をつくるのか、まだ山の中腹だとする。
宗久は、人の価値は見えぬもの、見える形がほしいのであろうとするのだった。

帝(坂東玉三郎)は、信長には天下静謐のためになっているとし、褒美を与えねばならぬとするが、信長が蘭奢待を所望している事にどうかと実澄(石橋蓮司)に尋ねるのだった。
あまりに急であり、不遜にも思えるが、お上がいいというなら仕方がないと、答えるのだった。

東大寺正倉院より、蘭奢待が110年ぶりに運び出された。信長は、これの切り取りを所望するのだった。
信長は切り取られた片割れを帝に献上するのだった。だが、帝はこれを毛利輝元へおくれとする。目下、信長と睨み合っている相手だったが、帝は預かり知らぬ事とするのだった。

三淵藤英は突如として光秀の居城・坂本城に預けられていた。光秀は、ときどき信長が考えている事がわからぬと嘆く。藤英は、それが主君というものとし、それをどうとらえるかが家来の器だと話すのだった。

感想

武田信玄が動き出したとおもったら、あっという間に義昭は捉えられてしまっていました。しかも、浅井・朝倉との戦いもあっという間に終了。気づけば、信長が機内を手中に収めるところまで進んでしまいました。

義昭とは共に戦えぬと飛び出した光秀ではありましたが、信長の考えている事についていけなくなってきていますね。こころなしか、信長の問いにYesマンになってしまっている気がしてきます。

帝に褒められたいと思っているだけの信長に、帝ですら扱いに困り始めてきている様子。褒められたいだけの男信長は、そのうち帝ですら見限るのですよ。

光秀にとっても、信長は制御できぬ存在となりつつあります。次回は、丹波攻めの話と

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)
池端 俊策
NHK出版 (2020-01-11)
売り上げランキング: 416
関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2021-09-21~2021-09-27

最近のエントリー

  1. なか卯 新メニュー うま塩豚角煮丼をいただいた
  2. 伝説のすた丼屋 にんにくたっぷり ニンニクすた丼をいただいた
  3. ドラクエウォーク 第6章コンプリート
  4. 大河ドラマ 青天を衝け 第二十七回 「篤太夫、駿府で励む」 ネタバレあり感想
  5. 大河ドラマ 青天を衝け 第二十六回 「篤太夫、再会する」 ネタバレあり感想
  6. 吉野家 期間限定 月見牛とじ丼をお肉2倍でいただく
  7. まさかの五十路
  8. 松屋 期間限定メニューのごろごろ野菜のうまトマチーズハンバーグ定食が安心の美味しさ
  9. 大河ドラマ 青天を衝け 第二十五回 「篤太夫、帰国する」 ネタバレあり感想
  10. リンガーハットの夏メニュー 冷やしちゃんぽん麻婆茄子がひんやりピリリと美味い
  11. 夏休みの思い出 初の海ほたるまでドライブ
  12. 夏休み アパホテル&リゾート 東京ベイ幕張 ラ・ベンダで朝食ビュッフェ
  13. 大河ドラマ 青天を衝け 第二十四回 「パリの御一新」 ネタバレあり感想
  14. 夏休みはちょっとリッチに 「鉄板焼 七海」で黒毛和牛ステーキコース
  15. 吉野家 鰻重を初実食 思ったより美味しかったな
  16. 東京オリンピック2020 なんだかんだで堪能
  17. すき家 夏メニュー 今年はWニンニク牛丼でガッツリと
  18. 8/9~8/11の仙台・山形遠征は中止
  19. なか卯 甘辛チーズの親子丼が予想を超える美味しさでした
  20. 松屋 期間限定メニュー 回鍋肉定食 今回も絶品の美味さ

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6