TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 麒麟がくる 第二十六回 「三淵の奸計」 ネタバレあり感想
« 国勢調査2020もインターネット回答であっちゅーま | メイン | 松のや 味噌ロースかつ丼をテイクアウトでいただく »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 麒麟がくる 第二十六回 「三淵の奸計」 ネタバレあり感想



麒麟がくる

大河ドラマ「麒麟がくる」。感想です。

第二十六回 三淵の奸計

あらすじ

朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)は、上洛を決意する。

京では、三好の一族が支配していた。三好が推していた足利義栄が将軍に就任した。だが、重い病を抱えていて、摂津に留まっていた。

スポンサードリンク

公家衆のなかでは、足利義栄が上洛しないと噂にあがっていた。病のためとも聞くが、三好の操り人形になるのを嫌がっているとも。近衛前久(本郷奏多)は暗に足利義栄を推した関白の責を問われていたのだ。

前久が下ったさきには、太夫(尾野真千子)がいた。足利義栄の評判がすこぶる悪いと。さらに、越前にいった覚慶(滝藤賢一)が元服したいと願い出ているとか。しかも帝からの許しを伝えに越前までいけというのだった。前久は、代わりに太夫に行ってくれるようにたのむが、路銀を請求される。

長く敦賀にとどめ置かれた足利義昭が一乗谷に入って元服する事となる。

十兵衛(長谷川博己)は佐馬助(間宮祥太朗)とともに、情勢を見計らっていた。上杉は上洛できず。六角は、三好とつなっている疑いがあるとし、残るは朝倉か織田のみ。

そこへ、山崎吉家(榎木孝明)が訪れてくる。義昭の元服を内々で祝う宴を開くというのだ。十兵衛にも参加してほしいと。京からは太夫たち一行もやってくると。さらに、朝倉家の一門がすべて上洛に賛同しているわけではないと、告げていくのだった。

宴が始まる。義景は、息子にせがまれてはしょうがないと上洛を決意したというが、景鏡(手塚とおる)は、元服と上洛とは別の話とする。義景は、上洛すれば、義昭に将軍職を授けても良いと帝の名代より承っているとし、元服と上洛はつながっているのだと。

景鏡は、上洛すれば三好と戦になるとする。義景は、上杉、六角、織田、松永が一斉に上洛すれべ三好など敵ではないとするが、景鏡は上杉、六角は上洛できぬだろうとする。

十兵衛が、その事をよく知っている事も付け加える。義景は、ありていで言えと、十兵衛に意見を求める。十兵衛は、市に、物が溢れかえっている。義景がその気でも回りはそうは思っていない。上洛など言語道断だと。それでも、三淵藤英(谷原章介)は、朝倉だけでも上洛すれば三好は討ち果たせるというのだ。

宴のあと、太夫は、十兵衛の元に行く。上洛を最も助けられるのは明智様だと。
義輝や、道三、松永らが気に留めていた存在。そろそろ、船出の潮時なのではと。十兵衛は、船出の船がみつからないというが、太夫はすでにしっているはずと、織田信長(染谷将太)の名をだすのだった。

十兵衛はその足で美濃へ向かい、信長と対面する。義景は、その器ではないとし、信長に上洛するように促す。美濃と尾張の軍勢を合わせれば六角は十分に打ち破れるだろうと。

越前に戻った十兵衛は、三淵、藤英(谷原章介)を説き伏せる。さらに、義昭も美濃へ向かう決心をする。義景を説き伏せる手立てを考えねばとなるのだった。
十兵衛は照子に、この事を伝える。越前にいては居心地が悪くなるだろうと、美濃へ向かうように促すのだった。

2日後、義昭より文が義景に届けられる。美濃へ向かう事になったと。義景は怒り、国境を固めるようにと命を出すのだった。その夜、三淵は、景鏡、吉家とともに、計略をはかる。
翌日、毒を仕込ませた膳を、阿君丸に食べさせて謀殺するのだった。義景は失意にうちひしがれて、上洛の意欲も失せてしまう。

そして、美濃へ行くという三淵がやってくる。義景は、成り上がりものの信長がどれほどのものか見ものだと。十兵衛も藤孝らと同行し、義昭とともに美濃を目指すのだった。

感想

いよいよ、越前でくすぶっていた光秀が、信長のもとに飛び出します。そのきっかけを与えたのは太夫ですが、元々信長に上洛をうながしていたのは光秀。光秀が導き、信長が動くというはずだったんですけどね。実際には、違ったものになっていくわけでありますが。

朝倉家の内情。一枚岩ではないという事ではあったが、なかなかに恐ろしい事に。まさか、義景の子を葬る事になるとは。この、朝倉景明は、義景を裏切って信長の家来になるのですが、その後サクッと討死してしまうんですよね。

信長は、上洛に意欲を出し始めたタイミングともいうのもよかったわけですが、朝倉義景と違い行動が早い。こうと決めたら、迅速そのもの。上洛するまでには戦もあるわけですが、それさえも意欲に感じてるのでしょうな。信長の先にみすえているものは大きな国。それは、光秀が導いたものとは違う形ではあるのでしょうが、ここまでは光秀と息があっています。

次回は、いよいよ上洛間近。あの、今井宗久が再登場します。どうやら、十兵衛と駒も再開

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)
池端 俊策
NHK出版 (2020-01-11)
売り上げランキング: 416
関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2020-10-13~2020-10-19

最近のエントリー

  1. 駅弁 ホタテとウニづくし 大玉ほたてとうに弁当
  2. 駅弁 牛たんと仙台牛弁当 牛肉つくしのうまい
  3. 日帰り 青森帰省(2020/10/16)
  4. 伯母が亡くなりました
  5. 松のや 味噌ロースかつ丼をテイクアウトでいただく
  6. 大河ドラマ 麒麟がくる 第二十六回 「三淵の奸計」 ネタバレあり感想
  7. 国勢調査2020もインターネット回答であっちゅーま
  8. 松屋 期間限定 海老のチリソース定食が期待通りの美味しさ
  9. クラッシュ・ロワイヤルは4000トロフィ超え
  10. 大河ドラマ 麒麟がくる 第二十五回 「羽運ぶ蟻」 ネタバレあり感想
  11. 大河ドラマ 麒麟がくる 第二十四回 「将軍の器」 ネタバレあり感想
  12. 松屋 期間限定 味噌漬けトンテキ丼が満足の美味さでした
  13. 伝説のすた丼屋 期間限定 大とろホルモン焼肉丼がバランス絶妙で美味かった
  14. 大河ドラマ 麒麟がくる 第二十三回 「義輝、夏の終りに」 ネタバレあり感想
  15. すき家の新カレー 横濱オム牛カレーを食べてみた
  16. 大河ドラマ 麒麟がくる 第二十二回 「京よりの使者」 ネタバレあり感想
  17. 松屋 期間限定メニュー ありそうでなかった豚キムチ丼が絶品
  18. 今更だけどクラッシュ・ロワイヤル始めました
  19. 大戸屋のお弁当 炭火焼きチキンの葱ソース弁当が美味い
  20. ビアードパパ 期間限定 タピオカミルクティーシューを食べてみた

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6