TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 麒麟がくる 第十四回 「聖徳寺の会見」 ネタバレあり感想
« 在宅勤務を一週間やって気づいた事 | メイン | 映画「東京喰種 トーキョーグール」をアマプラで観たよ »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 麒麟がくる 第十四回 「聖徳寺の会見」 ネタバレあり感想



麒麟がくる

大河ドラマ「麒麟がくる」。感想です。

第十四回  聖徳寺の会見

あらすじ

信長(染谷将太)の到着を民家から覗いていた利政(本木雅弘)は、300丁を超える鉄砲隊と、信長(染谷将太)の出で立ちに驚くのだった。信長の事がよくわからないという利政は聖徳寺へ向かう事とする。

スポンサードリンク

聖徳寺で待っていた利政のもとへ、身なりを整え正装してきた信長が現れます。帰蝶(川口春奈)が利政の好みだとする色の着物だというのだ。帰蝶は、信長が利政に討ち取られぬか心配だというが、利政は300もの鉄砲隊を前に討ち取れるはずもないとするのだった。

信秀以来の家臣たちがおらぬ事を不審に思った利政だったが、信長は、佐々成政、前田利家の両名を紹介する。4男坊5男坊の2人は家を告げぬ。しかし、それぞれが一騎当千の兵だと。織田家は、かつて越前で薬売りをしていたとか斯波家につかえていたとか言われるが、尾張で成り上がったものであると。鉄砲は百姓でも使える。その鉄砲は金で買える。これからの世の中は変わると。我らも変わらねばならぬと信長は言い放つのだった。

利政は、信長の事をたわけだた、見事なたわけだとし、気にいるのだった。利政が信長の事を気に入った事で、美濃では戦の心配もなくなったと一段落するのだった。

一方、駿府へやってきた東庵(堺正章)と駒(門脇麦)。目的であった百貫はもらえず。なんとか、あちこちから銭をかせいではいる状態であった。駒は薬屋で、菊丸(岡村隆史)と再開する。さらに、街では藤吉郎(佐々木蔵之介)と再び出会うのだった。

東庵は大原雪斎(伊武吾郎)のもとで治療していた。お互いに助け合おうちう雪斎は、自身を2年生かしてくれれば駿河で気ままに暮らせるようにしようというのだ。その間に、尾張を攻め落とし信長を打ち取ると。

今川勢に責め立てられていた信長は、村木砦へ攻め出る事にした。利政は、信長に頼まれ那古屋城を守るため援軍を送る事となる。しかし、高政(伊藤英明)らからは反対されてしまう。高政に意見を求められた十兵衛(長谷川博己)は、やはりいささか拙速であるとし、彦五郎の守る清州城には尾張の守護斯波もいると。だが、利政は、信長は今川に立ち向かおうとしているとし、我らも今川と戦う事となるとし、誰がなんと言おうと援軍を出すというのだった。

信長は鉄砲隊をもちいて村木砦を攻略し見事に勝利を得るのだった。しかし、多くの家臣を失う事ともなる。

高政の母深芳野(南果歩)の行方がわからなくなるが、後に死体として見つかるのだった。高政は、母の望みであった守護代の座を自らに譲るように利政に迫るのだった。

感想

本木雅弘の斎藤道三と、染谷将太の織田信長、いずれもこれまでとのイメージとは違う道三と信長であったが、この2人のやりとりは面白かった。うつけ者と言われた信長が、きちんとした身なりで現れる。そして、これからの世は変わっていくとする信長。かつての自身を見ているようだと道三が思っても不思議ではない。帰蝶の計らいがあったとはいえ、信長自身の器量を道三は見切ったという事であろうか。

しかし、道三が信長を大いに気に入ったというところで、息子との仲は悪くなるのですなぁ。まあ、義龍とはいずれ戦う事となるわけですが。道三が家督を譲るという事で、道三もまもなく退陣が近いのだなと言う事になります。

今川勢も、どんどん攻め入ってきて、桶狭間まであと数年というところまでやってきました。明智光秀は、ここからどうなっていくのか。主人公なのにいまいち

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)
池端 俊策
NHK出版 (2020-01-11)
売り上げランキング: 416
関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-10~2024-05-16

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6