TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 麒麟がくる 第十二回 「十兵衛の嫁」 ネタバレあり感想
« ドラクエウォーク 第3章コンプリート | メイン | 松屋 復活のごろごろ煮込みチキンカレーをテイクアウトでいただく »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 麒麟がくる 第十二回 「十兵衛の嫁」 ネタバレあり感想



麒麟がくる

大河ドラマ「麒麟がくる」。感想です。

第十二回  十兵衛の嫁

あらすじ

十兵衛(長谷川博己)は、近江から帰ってから一人で考え込む事が多くなっていた。光安(西村まさ彦)と牧(石川さゆり)は、十兵衛を鷹狩へと連れ出すように息子に頼むのだった。

スポンサードリンク

鷹狩にでかけた十兵衛だったが皆と離れてしまう。そこで、十兵衛は煕子(木村文乃)との再開を果たす。十兵衛は、幼い頃に求婚した事を覚えていた煕子に、十兵衛の嫁にならぬかと問うのであった。

一方、なんとか今川との和議を結んだ織田だったが、信秀(高橋克典)の病は進み床にいる事が多くなった。信秀は、自分が亡くなったときには信勝(木村了)に末森城を与えるとし、信長(染谷将太)には引き続き那古屋城を任せるとした。納得がいかない信長が詰め寄るが、家督を譲る信長のために那古屋城から移ったのだと説明する。

城にいた帰蝶(川口春奈)のもとへ戻った信長は、家老の佐久間も、柴田勝家も信勝のものだとし、大事なものはすべて信勝のものだと怒る。帰蝶は、それは妙だとし、家督を譲られる信長にこそ大事なものを与えられるべきと。信長は母が、父をたぶらかして信勝にいずれ家督を継がせようと企んでいると言うのだった。
信長は、松平広忠を討ち取ったときも、今回の和議にも信秀は褒めてくれぬといい泣き出すのだった。

帰蝶は信秀のところへ向かい、信長と信勝のどちらに家督を任せるのかを問うのだったが、信秀は満足にしゃべる事も出来ず。ただ、信長を頼むとだけ言うのだった。
信長のところ戻った帰蝶は、信秀が、信長の事を自分の若いときに似ていいところもわるいところも。尾張を頼む、強くなれとも。それを聞いた信長は満面の笑みをあげるのだった。

京へは帰蝶よりの使者から望月東庵(堺正章)に尾張へ向かうようにと文が届けられていた。闘鶏で負けたばかりの東庵は二の足を踏むが、借金を伊呂波太夫(尾野真千子)が肩代わりするとの事と、駿河の豪商が名医を探しているとの話から駒(門脇麦)とともの尾張へ向かう事となる。

美濃では、利政(本木雅弘)が土岐頼芸(尾美としのり)より送られた鷹により危うく殺されかけていた。その頃、十兵衛のもとへ煕子が嫁入りにやってきていたのだった。しかし、稲葉山城より狼煙があがり、光安と十兵衛は登城する事となる。

頼芸に命を狙われた利政は怒りを顕にする。土岐家と一戦交える事も考えていると。土岐家との戦に異論がある者は出て行けとするが、その場では誰も立ち去らなかった。
その場から帰ろうとしていた十兵衛に高政(伊藤英明)は、土岐様を守るとし父・利政との戦をするとし、十兵衛に誘いをかけるのだった。

尾張の帰蝶のもとに、駒がやってきていた。帰蝶は、十兵衛が嫁をもらったとし、ときは流れているというのだった。その頃、末森城へ信秀を訪ねた東庵だったが、信秀はすでに事切れていたのだった。

感想

サブタイトルの「十兵衛の嫁」とは関係なく、様々な事が進んできました。かつて、美濃の蝮・斎藤道三としのぎを削った信秀は病に侵されて衰弱が進む一方となりました。信長が言っていたとおりに、土田御前にそそのかされたのかどうかはわかりませんが、信長からすれば信勝が優遇されているように見えても仕方がないでしょうね。

しかしながら、父から褒めてもらえぬと泣き出してしまう信長は、なかなか新鮮なものがあります。元々、従来の信長像からは違うと言われていた、染谷信長。しかし、これはまた面白いことになってきたなと。そして、川口春奈の帰蝶もさすが道三の娘というやり手。信長をうまく褒め転がしてしまうのが実に面白い。すでに信秀はまともに喋ることすら出来なかったのだから。

美濃では、土岐が半期を翻して、道三と土岐氏との対立が深まります。土岐氏を守りたい、高政との親子対決が迫ってきました。光秀はどう立ち振る舞うのでしょうかね

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)
池端 俊策
NHK出版 (2020-01-11)
売り上げランキング: 416
関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-10~2024-05-16

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6