TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 麒麟がくる 第二回 「道三の罠」 ネタバレあり感想
« ほぼ月刊 こーいちぶろぐ 2020年1月号 | メイン | 大河ドラマ 麒麟がくる 第三回 「美濃の国」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 麒麟がくる 第二回 「道三の罠」 ネタバレあり感想



麒麟がくる

大河ドラマ「麒麟がくる」始まりました。だいぶ遅くなりましたが感想です。

第二回 道三の罠

あらすじ

十兵衛(長谷川博己)が京から望月東庵(堺正章)たちとともに美濃へ戻ると、そこへへ織田信秀(高橋克典)の軍勢が迫っていた。

スポンサードリンク

利政(本木雅弘)の元に馳せ参じた、十兵衛は鉄砲を献上する。医者を連れてきた事を伝える。だが、旅の費用の半分は返せて言われてしまうのだった。侍大将の首2つで帳消しにしてやると。

その直後、十兵衛は帰蝶(川口春奈)に呼ばれ、母親のために医者をつれてきた事に礼を言われるのだった。

そしていよいよ信秀の軍勢が攻め寄せてくるのだった。木曽川を越えて織田軍が稲葉山城下へと攻め入る。落とし穴を掘るなどして抵抗する斎藤軍だったが、次第に劣勢をしいられる事となる。すると、利政は兵を城に戻すように命じ、籠城策をとるかまえを見せるのだった。

しかし、稲葉をはじめ息子の高政(伊藤英明)らは、このやり方に不満を漏らすのだった。利政は、領民に飯を食わせ酒ものませていた。信秀はこれを聞き、軍を休ませる事にするのだった。利政は、この機を利用して一気に織田軍に攻め込むのだった。虚を疲れた織田軍は敗走をし始める。利政は、勝どきをあげるのだった。

利政のところには守護・土岐頼純が馳せ参じていた。戦勝の祝にやってきた頼純、だが鎧兜も身に着けずにやってきた夫に、帰蝶から問い詰められてしまうのだった。帰蝶が下がったあと、利政は頼純が織田信秀と取引していた事を問うのだった。頼純は、伯父をたぶらかして守護の座からひきずりおろした利政を蝮と呼び激昂するのだった。利政は、頼純に茶をすすめるのだった。しかし、茶を飲んだ頼純は苦しみ死に果ててしまうのだった。

感想

今回は、尾張・織田信秀との戦がメインの回でした。しかし、道三は美濃の蝮と呼ばれるだけあって、ただでは落ちない。人数で上回る織田勢を退けてしまいました。

明智光秀から見て、この道三はどのように写っていたのでしょうかね。京へ行くためのお金も、半分は返せといわれたり。侍大将の首をもってかえればチャラにするとか。なかなか、食わせ者ですね。本木雅弘の斎藤道三がすっかりハマってきた感があります。

光秀は、まだまだこれからが出番という事なんでしょうが、ここまでは道三の方が目立ってますね。守護の土岐頼純も毒殺してしまいました。頼純に帰蝶が嫁いでいたという話もあるようで、今回はその説を取っているようです。のちに信長に嫁ついだのは2度目の結婚という事になりますね。

ここまでは、まだまだ序章という感じで、信長も登場していないので、どう話が展開していくのか気になるところではあり

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2020-02-10~2020-02-16

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6