TopTV > 21年目の告白 元SMAP "森くん"がTwitterトレンド世界一に
« ほぼ月刊 こーいちぶろぐ 2017年10月号 | メイン | 大河ドラマ おんな城主 直虎 第44回 「井伊谷のばら」 ネタバレあり感想 »

21年目の告白 元SMAP "森くん"がTwitterトレンド世界一に

2017年11月 5日

72時間 ホンネテレビ

元SMAPの3人がAbemaTVで放送していた「72時間ホンネテレビ」をやっていましたが、その中でも目玉企画だったと思われるのが、元SMAP 森且行との再会ではなかったでしょうか。

丁度、タイミングよく、森くんとの再会からコーナー終了までの3時間ほどを観ていましたが、ついつい釘付けになるくらい面白いエピソードやあの当時のエピソードが出てきました。

スポンサードリンク

その「森くん」ですが、Twitterの時間ごとのトレンドで3時間に渡り世界1位を記録していました。そのくらいの注目度があったのでしょうね。

Twitter トレンド

元々SMAPのファンでもなんでもないというのはあったんですが、それでもSMAP脱退騒動からの解散。そして、3人のジャニーズ退社っていう流れは、あまり気分がいいものではありませんでした。特にスマスマでの謝罪以降は、SMAP個々のメンバー出る番組自体も観ることはなくなっていました。

草彅くん、慎吾くん、吾郎ちゃんの3人がSNSを初めていろんな人からレクチャーを受けていくような流れが多かったんですが、初めての事をするワクワク感とか、騒動からジャニーズ退社までの間のモヤッとした感じから吹っ切れた表情がとても印象的に見えました。

そんな中での、元SMAP森くんとの対面。SMAP時代でもやめてからは2回しか会った事がなかったという森くんとの対面。インターネットテレビとはいえ、公の場で顔を合わせるのはファンならずとも、あの当時を知る人からすればいろいろな思いがあるんじゃないかと思います。

今回の話の中で聞けてよかったと思うのが、森くんがオートレーサーになる事が本当に夢で、たまたま身長制限が緩くなったのと自分の年令とのタイミングでワンチャンスに賭けて試験を受かったということ。SMAPとしてジャニーズに貢献した3人ですら、退社するまでにすったもんだあったくらいですから、当時の森くんの立場としてSMAPをやめてジャニーズもやめるというのはどれ程の苦悩があったのかと思ってしまいます。

最初は、ちょっとよそよそしいというか、テレビの中での一コーナーであるという感じではあったのですが、次第に砕けてきて森くん在籍当時の暴露話を始めたりとか、さっきも書いたような森くんの思いとか、メンバーたちの思いとかを聞き出せたりとか、あっという間に当時の4人に戻っていくのが画面を通しても見えてきましたね。3時間というのはダラダラと長く感じるてもおかしくないのに、つい最後まで観てしまいました。

番組中に撮影された写真がTwitterやインスタでも公開されています。

みんなでピース! #ホンネテレビ #香取慎吾 #森くん #草彅剛 #稲垣吾郎

香取慎吾さん(@katorishingo_official)がシェアした投稿 -

かっこよいバイク!#ホンネテレビ #香取慎吾 #稲垣吾郎 #草彅剛 #森くん

香取慎吾さん(@katorishingo_official)がシェアした投稿 -

今回の番組を通してみて、オートレーサー界の人たちがかなり協力的だなと感じました。宿舎の内部にも入れて貰ったり、レース場や、バイクの整備場にも入れてもらったりと、全面タイアップといった感じでもあります。こうやって見てみると、オートーレースの世界からは協力してくれる可能性はあったのかなと思うし、21年間も森くんとSMAPの再会が実現しなかったのはやっぱりジャニーズが拒んでいたんだろうなという風に勘ぐってしまいますね。

最後になりますが、この「27時間ホンネテレビ」を観ての一言。

総視聴者数とは言え7200万人以上が観たという事になれば、既存のメディアも黙っては観てられないだろうなという気がします。もちろん、インターネットテレビ側でも、自らの可能性を考える意味でも大きかったと思います。ちょっと、新しい風穴を開けたという意味では、ものすごく有意義であったと思いますね。

という事で、ここまで。

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。