TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 真田丸 第12回 「人質」 感想
« 花見2次会まったり呑み 三間堂 錦糸町北口店 | メイン | Tカードが磁気不良になったので交換してきたよ »

大河ドラマ 真田丸 第12回 「人質」 感想

2016年3月31日

真田丸

大河ドラマ「真田丸」の第12回の感想です。

第12回 「人質」

あらすじ

昌幸(草刈正雄)は、室賀正武(西村雅彦)を返り討ちにし、いよいよ徳川との対立が深まる。

小牧・長久手の戦いに実質勝利した徳川家康(内野聖陽)だったが、室賀を返り討ちにした真田の動向が気になっていた。今度は上杉につくのではと家康は考える。

スポンサードリンク

その昌幸は、今度は上杉につくと文を送っていた。上杉は人質を出せと持ち出してきた。
なんと、信繁(堺雅人)が上杉の人質として越後に赴く事になるのだった。

信繁が越後に人質に行くことになり、梅(黒木華)を心配するきり(長澤まさみ)だったが。実は、梅のお腹には子供はいるという確証はなかったというのだった。

上杉景勝(遠藤憲一)と対面する。景勝は、真田昌幸が息子を差し出すだけの覚悟があるかを試したのだと。そして、もう1度信繁と会いたかったとも。

上杉は、直江兼続(村上新悟)が沼田城も差し出せと無理難題を申し出る。
だが、信繁からこれを聞いた景勝は、聞いてはおらぬと。信繁の頼みもあり、兼続に掛けあってみるというのだった。

景勝の元に村人から争いごとの仲裁を頼まれるが、家臣には取り合ってもらえない。
景勝は、戦が続きすぎて、話を聞いてやるくらいしか出来ないのだという。

景勝と信繁らは、村人が鉄火起請を行っているのを見かけるのであった。熱せられた鉄の棒を運ぶという鉄火起請に嫌がる村人を見た信繁は、このような方法で決めても意味がないという。
まったく奉行と意見が合わぬ信繁は、奉行と鉄火起請でどちらの言い分が正しいかを決めようと言う。いよいよ、信繁が熱せられた鉄を手にのせようとすると、奉行は突然やめようと言い出すのだった。鉄火起請なではなく、話し合いで決めよと言い出す。そこに景勝が現れるのだった。

信繁の提案で、日ごとに北の浜と南の浜で漁を分ければと言うのだが、それでは偏りが出るという。これに景勝が、満月の夜ごとに代わる代わる漁をせよとする。それならば、偏りもなくなるだろうと。

真田家では梅が、信繁の子を産んでいた。

信繁の事もあり、景勝は領民によくかけあうようになっていた。これによって、兼続は仕事が増えたと恨み節を言うのだった。
だが、これによって、上杉は真田を認める事となった。兼続は、昌幸に書状をおくり、正式に真田を迎え入れる事となる。さらに、沼田城、小県を真田の領地と認めると添えられていた。

上杉と手を結ぶ事となった真田は、徳川と縁を切る事とした。これに家康は、まんまとしてやられたのだった。結果的に、敵方のために城を造る事となってしまったのだった。

いよいよ上田城に向けて進軍を開始した徳川勢。これに対して、真田はどう迎え撃つか軍議を行う。
一方、信繁は景勝からわずかばかりの援軍を取り付ける。さらに、自身もその援軍に加えて欲しいと申し出るのだった。

感想

真田は再び上杉に取り入る事となりました。信繁が人質として上杉家に行く事になった訳ですが、以前に信繁自身が乗り込んだ時の事を景勝が気に入っていたというのが功を奏しました。

ものわかりが良すぎる景勝に対して、兼続がしっかりしてバランスが取れているんしょう。兼続もこんな堅い感じのイメージではないんですが、景勝との対比でこうなってるんでしょうか。

それにしても、上杉景勝は人が良すぎますね。エンケンさんの顔とあいまって、なんだか面白く写ってしまいます。信繁側からみれば、父・昌幸に比べて実直な景勝は好印象ではあったのでしょう。人質と言いながらも、かなりの自由を与えられているようですし。

今回ばかりは、昌幸も信繁に救われた格好になりました。上杉と手を結んで、徳川との戦にのぞむ事が出来ます。いよいよ次回は第一次上田合戦の始まりですね。序盤の山といったところでしょうか。楽しみです

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。