TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第32回 「災いの種」 ネタバレあり感想
« 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第31回 「諦めの悪い男」 ネタバレあり感想 | メイン | 会津旅行2022 東山温泉 東山パークホテルでバイキング堪能 (2022/08/18-19) »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第32回 「災いの種」 ネタバレあり感想



鎌倉殿の13人

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。感想です。

第32回 災いの種

あらすじ

頼家(金子大地)が突然回復し、北条家は戸惑っていた。
まずは、この事態をどう報告するか。千萬を征夷大将軍にするための使者はすでに京に発っていた。

スポンサードリンク

時政(坂東彌十郎)と時房(瀬戸康史)は、頼家と面会。せつや、一幡が来ない事を不思議がるが、病にふせっていると、やり過ごす。
一方、実衣(宮澤エマ)は、比奈(堀田真由)の事をどうすると義時を問い詰めていた。そんな中、義時は一幡が既に亡くなっている事を政子に知らせる。頼朝の孫を殺した事で、義時を責める政子。

頼家に事態を伝えると立ち去ろうとする義時をとめ、政子は自ら頼家に事態を伝えに向かう。
比企が滅んだことに驚きを隠せない、頼家。政子は、自ら命を断ったとするが、頼家は北条が殺したのだとして、政子をも寄り付かせない。

京では、後鳥羽上皇(尾上松也)の元に文が届いていた。頼家が危篤な事。弟を征夷大将軍に任じてほしい事など書いてあった。元服する千萬が元服するとして、自ら名付け親となるという。名を実朝とした。

頼家は焼け跡となった、比企の館を訪れた頼家。頼家は、比企はどうやって殺されたかと訪ねた。
北条が命じたことには変わりないとし、和田と仁田に、時政の首を持ってくるように命ずる。

義盛(横田栄司)は、義村(山本耕史)、重忠(中川大志)にこの事を報せ、相談する。もはや、頼家に目はないとし、義盛は時政にこの事を伝えた。

その頃、京から千萬を征夷大将軍に任ずる報せが届いていた。その後、時房(坂口健太郎)は義時を呼び、一幡が生きていると話す。

そして、比奈からは、比企を滅ぼす手伝いをしてしまったとし、鎌倉にはいられないと。自ら、離縁を申し出るのだった。
膳児のところに預けられていた一幡。義時は、生きていては行けない人だとするが、膳児は殺す事を渋る。義時は、自ら刃を向けようとするが、トウが一幡を連れ出す。

館に戻ると、泰時に仁田が自害した事を知らされる。
義時は、頼家が鎌倉にいてはならぬとし、修善寺で仏門に入ってもらう事とした。義盛らが、頼家を連れ出そうが抵抗される。

後日、千萬が元服。3代将軍、源実朝が誕生する。

義村のところに預けられていた善哉。なんと、そこに比企尼(草笛光子)が現れ、北条を許してはならぬと忠告するのだった。

感想

いやいや、怖すぎますね義時。これが、北条執権の狂気か。まあ、それもあるが、頼家はまた、なんでこのタイミングで息を吹き返したのか。これはまた、よくわかりませんが。

結果的に、比企を滅ぼした北条を、頼家は激怒するわけですが、逆に北条一門に鎌倉から追放される憂き目をみるわけです。結果的にも、頼家に賛同して、北条を滅ぼそうとする御家人はおらず。頼家の命運は既に尽きていた事になります。

3代将軍、実朝誕生。実朝、ずいぶん若くして将軍になったわけですが、大人になるまで将軍として存命するんですよね。でも、後にこの実朝を殺すのが、最後に出てきた善哉。北条を許すな。これもまた恐ろしいきかな。

次回は、畠山重忠の乱ですかね。御家人たちが次々と滅んでいきまする

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6