TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第21回 「仏の眼差し」 ネタバレあり感想
« 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第20回 「帰ってきた義経」 ネタバレあり感想 | メイン | 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第22回 「義時の生きる道」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第21回 「仏の眼差し」 ネタバレあり感想



鎌倉殿の13人

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。感想です。

第21回 仏の眼差し

あらすじ

義時(小栗旬)は、土肥(阿南健治)とともに、義経の事を思っていた。
そこに、八田(市原隼人)がやってきて、子供を預かってくれと言われる。その子供・鶴丸は八重(新垣結衣)もの元に預けられる。

スポンサードリンク

藤原泰衡(山本浩二)は、義経の首を差し出したが、頼朝の罠だった。頼朝は奥州に大軍を送り込み圧勝する。
首をはねられた泰衡をもって、頼朝は日本を平らげた。しかし、後白河法皇(西田敏行)がいるとする。

戦勝に湧く、頼朝軍。誰もが義経は強かったと褒め称える。
義時に、梶原景時(中村獅童)は義経の名は語り継がれるであろうと話す。

鎌倉へ帰った頼朝に後白河法皇より文が届いて、時政(坂東彌十郎)は息災かと。なぜか、法皇に気に入られていた時政。
奥州攻め勝利の恩賞を与えるとしてきたが、頼朝は恩賞はいらぬと断りの文を返していた。

りく(宮沢りえ)に待望の男子が誕生し、北条家では喜ばれていた。
しかし、大姫(南沙良)は、時政が生気を吸い取られているとし、おかしな歌を歌い始める。さらに大姫は、北条時連にイワシを焼いたものを持ってこさせる。
八重が金剛とともに子供たちを育ている事にりくが一言言い始める。そうなると、りくの小言が止まらない。

時政たちは伊豆へ出来上がったという仏像を見に出かけていた。ところが運慶はまだ出来ていないという言うのだ。しかし、出来かけという仏像を見せるのだった。

その頃、川遊びをしていて流された鶴丸を追って、八重が川へ飛び込む。

鶴丸を助けて岸近くまできた八重だが、義村(山本耕史)が鶴丸を引き取る。だが、八重は力尽きてしまうのだった。
御家人たち総出の捜索も、八重は帰らぬ人となる。

感想

思いがけない八重の死。この回は、やけに八重に焦点が向けられるなと思っていたのだが、まさかの結末に。まあ、八重は歴史上は表舞台には出てこない人なので。北条義時の妻というのも一説に過ぎない。北条泰時の生母は明らかではないので、八重がこの先ずっと居続けるのは都合が悪いのですよね。

義経最期の回の次に、まさかの八重の最期が描かれるとは思いも寄りませんでしたね。どういう因果か、頼朝ではなく、義時に天罰が当たった形になってしまうとは。

次回は、今度こそ征夷大将軍就任。頼朝、上洛を果たします

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-11~2024-05-17

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6