TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 麒麟がくる 第十八回 「越前へ」 ネタバレあり感想
« 特に感想書いてなかったけどアマプラで観てた映画たち(2020.05.17まで) | メイン | ネットで話題のセブンイレブンの担々麺が濃厚激ウマ »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 麒麟がくる 第十八回 「越前へ」 ネタバレあり感想



麒麟がくる

大河ドラマ「麒麟がくる」。感想です。

第十八回 越前へ

明智城の襲撃から逃げた十兵衛(長谷川博己)たちだったが、尾張へ向かおうとしたときに、駒(門脇麦)と菊丸(岡村隆史)に出会う。すでに、尾張への道は敵方に塞がれているとしり別な道へ向かうのだった。

スポンサードリンク

逃亡していた十兵衛たちの前に伊呂波太夫(尾野真千子)が現れ、帰蝶(川口春奈)の助けにより越前に逃げるようにと言われる。駒とも知り合いだった事もあり、十兵衛らは太夫に頼る事とする。

駒は、明智家との縁を離すうちにかつて助けられた手の大きな人の話をするが、その者は牧(石川さゆり)の夫・明智光綱であった。駒は、いつか会えるものと思っていた人がすでに亡くなっている事に悲しむが、牧はかつての夫を知るものがいる事に咽び泣くのだった。

越前にたどり着いた十兵衛は、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に謁見する。太夫は、尾張の帰蝶の縁者で、美濃が攻めてくれば終わりが背後を襲うと義景にいうのだが、十兵衛は自分には尾張を動かす力はないとあっさりと言ってしまうのだった。

明智家にあてがわれた家は、古く朽ち果てた家であった。取るものない十兵衛は父の形見の数珠を質にいれようとする。駒と煕子(木村文乃)が質屋へ向かうが、売ったのは煕子の帯だけで数珠は売らなかったのだ。十兵衛は、今の立場を嘆くが、牧からの言葉で、負けてなにを成すかでその者の価値が問われるとし、奮起するのであった。駒は明智家と別れて帰る事となる。

一方、尾張では美濃の斎藤道三が敗死した事で、あらたな謀反の動きが出来ていてた。信長(染谷将太)の弟、織田信勝(木村了)の重臣である柴田権六勝家がやってきて、信勝が美濃の斎藤高政と通じていると報告するのであった。

帰蝶はまた戦をして兵がたくさん死ぬのかと問い、弟に会えば良いと信長を焚きつけるのだった。病だと偽り信勝を清州城へと呼び出した信長。しかし、それは偽りだと信勝の言い、母に気に入られ色白で容姿も美しい信勝が疎ましかったとはっきりというのだった。信勝も、何事も先に成し遂げてしまう信長が疎ましかったという。信長は涙し、信勝が持ってきた美濃の白山の水を飲むように命ずる。それは、信勝が信長に飲ませるためにもってきたものだった。許しを請う信勝だったが、信長はこれを飲むように命ずる。信勝は、清州城にて果てるのだった

感想

駒たちの到着が思ったよりも早かった。そして、菊丸がやたらと道に詳しいし、索敵能力が高すぎる。ただの、百姓や薬売りではないのはわかりそうなものではあります。もちろん、光秀も普通の者ではないと思っていたかもしれませんが。駒をすくった大きな手の人はやはり明智家の人でした。光秀の父・光綱でした。年代的に考えて、明智家が駒の幼少期に京へ言っているとすれば、そうなるでしょうね。駒は、このあとどういう役割をこなすのでしょうかね。

越前へと落ち延びた光秀。確かにあの朝倉義景は怪しい。あの義景に金を出してもらうのは、さすがに裏がありそうという気がしてならないですからね。まあ、そもそもなんの縁もない相手なので頼ってばかりもいられませんからね。それにしても、あからさまなあばら家をあてがわれたものです。武士の家なので、何かしら売るものはあったとはいえ、ここから家を修繕してすまなければならないのですから大変です。越前にて時を待つ状態の光秀ですが、案外早く表舞台に出てくるのかも。

信長の弟殺しに新説ってところでしょうか。信勝が持ってきた水を飲ませるという、信勝自らが墓穴を掘る形となりました。信勝も思わず面と向かって疎ましいとか言ってしまうあたりが、信長には遠く及ばないというところなんでしょうね。信長は、弟を殺さずに済ませる道も考えていたのかもしれませんが、あからさまに疎ましいという弟が斎藤高政とつながっているというのが繋がってしまいましたから。信長は、これでほぼ尾張を手中にする事になりますね。

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)
池端 俊策
NHK出版 (2020-01-11)
売り上げランキング: 416
関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-05-14~2024-05-20

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6