TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 麒麟がくる 第四回 「尾張潜入司令」 ネタバレあり感想
« 松屋 定番定食 豚肩ロースの生姜焼き定食はごはんがすすむ美味しさ | メイン | ドラクエウォーク 第2章コンプリート »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 麒麟がくる 第四回 「尾張潜入司令」 ネタバレあり感想



麒麟がくる

大河ドラマ「麒麟がくる」、第三話まで追いつきました。感想です。

第四回 尾張潜入司令美濃の国

あらすじ

十兵衛(長谷川博己)は、利政(本木雅弘)の元に呼び寄せられる。京へ帰るという望月東庵(堺正章)に対して、終わりに向かうのではと問いただすのだった。

スポンサードリンク

今川義元との戦で疲弊していた信秀(高橋克典)の状況を知りたい利政は、東庵を差し向けて情報を得ようとするのだった。東庵は、借金分を貰えるならと承諾するのだが、利政は駒(門脇麦) を人質として取るのだった。

信秀のところへたどり着いていた東庵は、戦で信秀が負傷している事を知る。東庵は、信秀とすごろくに興じる事とするのだった。その頃、東庵の身を案じた十兵衛は、菊丸(岡村隆史)と共に尾張に潜入を試みていた。

東庵に会いにやってきた十兵衛たちだったが、そこで竹千代と出会う。竹千代は、刈谷にいる母のところへ行きたいと言うのだった。だが、城から抜け出すのは無理だと説得するのだった。

東庵と対面した十兵衛は何かしらの言付けをいいつかって帰ろうとするのだが、途中織田の追手に会う。十兵衛は奮闘するが、なにものかの礫で援護を受けてなんとか逃げ切るのだった。

十兵衛は、京からやってきた日運なる僧より、将軍家が鉄砲をつくらせていると聞くのだった。十兵衛は、種子島で鉄砲を作っているのか、あのような難しいものを誰がつくっているのかと聞きただすのだったが、僧は知らぬという。

感想

なんといおうか、尾張潜入でもう少し切羽詰まった状況になるのかと思ったら、本当に尾張に行って帰っただけという感じでした。ただ、光秀に助っ人ではいった人たちの正体は気になるところです。あやしいと言われている菊丸が実は忍びではないかという話もあり、菊丸が差し向けた者たちかもしれないですね。

東庵の方も、道三と立ち回ったり、信秀とも親しいようで、ただの京の医者というだけではないのでしょうかね。いろいろと手広く行動している様子。もっとも博打打ちで借金があちこちにあるのは本当なんでしょうけど。

のちの徳川家康、竹千代が登場。この頃は、織田家に人質できていたようす。信秀も怪我の様子がよくないようで、ここから遠くない将来に病没するはずですから。そろそろ信長登場も近いのかと思ったりもしましたが、まだ先のようです。

そして、ここで出てきた因縁の本能寺という名。まさか、こんな時期にでてこようとは、本能寺が鉄砲を作らせている。これは一体どういう事なのか。

次回は、再び京へ向かうようですですね。現将軍・足利義輝も登場するようです。

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)
池端 俊策
NHK出版 (2020-01-11)
売り上げランキング: 416
関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2020-02-10~2020-02-16

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6