TopTVドラマ大河ドラマ > 西郷どん 第38回「傷だらけの維新」ネタバレ感想
« au STARギフトで燕人の匠 うすくちタンブラーセットをゲット | メイン | 幸楽苑 期間限定 濃厚スープが決め手の鶏白湯ラーメンを食べた »
このエントリーをはてなブックマークに追加

西郷どん 第38回「傷だらけの維新」ネタバレ感想



西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」第38回の感想です。

第38回 「傷だらけの維新」

あらすじ

大村益次郎(林家正蔵)の働きもあり上野戦争で彰義隊を打ち破った新政府軍であったが、東北各地の旧幕府軍が以前として抵抗を続けていた。この状況に、新政府軍は兵も金も武器も足りないとし、薩摩に出兵してもらう事となるのだった。

スポンサードリンク

薩摩からの兵を要請するために吉之助(鈴木亮平)は薩摩へと帰ってきた。何も変わらないように見える西郷家であったが、遠方から知らぬ親戚などが無心になってきたりしてるのだという。

吉之助は久光(青木崇高)に薩摩よりの出兵を嘆願し、了承を得られる事となる。薩摩からは続々と援軍が差し向けられる事となるのだった。

そんなある日、琴が西郷家とやってきて、吉之助に糸らの苦労をねぎらってもらうように頼み込むのだった。吉二郎(渡部豪太)は、意を決して新しい桑などはいらぬとし、戦働きがしたいと願い出るのだった。信吾(錦戸亮)たちからは反対されるが、吉之助は吉次郎の意を汲んで戦と連れて行く事にするのだった。

吉之助の元に新八(堀井新太)がやってきて、ガトリング砲で反撃をしてくる旧幕府軍に対して士気が下がっているとし、急ぎ吉之助に越後まできてほしいと頼み込むのだった。吉之助は軍艦で急ぎ越後へと向かうのだった。軍議を重ねる吉之助の元に、信吾がやってきて吉二郎が撃たれたとしらせがやってくるが、他のものも皆同じだとし軍議を続けるのであった。

長岡での戦いが終わり、負傷した兵たちを労う吉之助。その先には吉次郎の姿もあった。吉次郎は、いくさばたらきが出来て嬉しかったと言い残し亡くなるのだった。

東北、函館での戦いを経てようやく戊辰戦争が集結し、明治の世が始まろうとしていた。一蔵(瑛太)の働きにより江戸城改め東京城へ明治天皇を招き入れて、東京で政をすすめていこうとしていた。そんな一蔵に対して吉之助は薩摩へ帰らせてくれと申し出るのだった。新しい世を作ろうとして共にやってきた吉之助の申し出に一蔵はとまどうのだった。吉之助は、一蔵の引き止めに応じず薩摩へと帰るのだった。

薩摩へと帰った吉之助は、あらためて留守の間に吉次郎がしていた事を知らされて驚き、涙を流すのだった。吉之助は自らの短刀で髷を切り糸(黒木華)に整えてもらうのだった。

感想

あっという間に戊辰戦争が終わってしまいました。この時期なので、戊辰戦争を長々とやるとは思ってはいなかったのですが、それにしてもあっという間でした。西郷吉二郎は、この戦いで負傷しなくなるのですが、それもあっけないものでした。

徳川慶喜打倒で戦の鬼と化していた吉之助でしたが、江戸無血開城で終わったかに見えた戦がまだまだ終わる様子がみえず。吉之助自身も、どこまで続くのだろうかと思っていたのでしょうね。そんな中での吉次郎の死ですから堪えたことは間違いないでしょうね。

吉次郎をはじめとし、多大な犠牲を払って成立した明治政府ですが、吉之助としては自らの役目は終わったというのもわからないではないんですが。ただ、結局のところ西郷は、表舞台にまた出てくるのですよね。次回から始まる明治編での風貌は、皆の知っている西郷隆盛に寄せられていて、それがまた結構似ているのが凄いなと思いました。

もう出てこないと思っていた愛加那も出てくるようで、息子・菊次郎が薩摩の西郷家に引き取られるところが描かれるようです。吉之助自身は、その後愛加那とは会っていないはずですから、どうなるのかも気になります

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-08~2018-12-14

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6