TopTVドラマ大河ドラマ > 西郷どん 第30回「怪人 岩倉具視」ネタバレ感想
« 東北遠征2018 2日目 陸前高田 観光地化された奇跡の一本松へ | メイン | 気仙沼 海の市 「北かつ まぐろ屋」でマグロづくしのまぐろ丼を堪能(2018/08/14) »
このエントリーをはてなブックマークに追加

西郷どん 第30回「怪人 岩倉具視」ネタバレ感想



西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」第30回の感想です。

第30回 「怪人 岩倉具視」

あらすじ

吉之助(鈴木亮平)は、慶喜(松田翔太)が朝廷との関係を強める中、これをなんとか切り離したいと考えていた。しかし、近衛家は、かつて井伊直弼に痛い目をみた事から、吉之助に協力することを拒むのだった。そんな折、近衛忠煕(国広富之)に文をよこしたヤモリと呼ばれる公家がいた。

スポンサードリンク

吉之助は、一蔵(瑛太)よりヤモリと呼ばれる岩倉具視(笑福亭鶴瓶)の事を聞き出し、なんとか引き合わせてもらえるように頼むのだった。

吉之助は、岩倉の住まいを尋ねるのだったが、一蔵共々罠にひっかかってしまう。吉之助は、奔放な岩倉に振り回されるが、岩倉が幕府は不要と考えているのではないかと聞き出そうとする。しかし、金をせびられるばかりで一向に動こうとしない岩倉だった。

岩倉は突如起き出したと思いきあ、屋敷を貸して賭場としていた。岩倉の勧めて博打に挑戦する吉之助だったが、博打はさっぱりであった。そんな中、賭場にいた人物の中に桂小五郎(玉山鉄二)を見つけるのだった。

桂をなんとか引き止めて話をする吉之助。吉之助は、長州と薩摩が組めば諸藩も動くという話を持ちかけるが、かつての禁門の変が起きてしまった事から桂には信用してもらえなかった。そればかりか、桂と一蔵はあわや切り合いになりそうになるが、岩倉が現れて事を鎮めるのだった。

吉之助は、博打で負けた事から岩倉からお庭方を命ぜられる。吉之助は、岩倉の住まいを掃除する中で、豪華な衣装を目にする。そして、天子様や諸藩へ贈ろうとしてしたためた大量の文を発見するのだった。その文の中には、吉之助が思い描いた事と同じような事がかかれていた。
だが、岩倉はすでに天子様には忘れられているだろうとし、そんなものは意味はないとして吉之助を追い返すのだった。

吉之助は、なんとか岩倉に動いてもらうために思案するのだった。後日、一蔵は金を持って岩倉のもとへ訪れる。金輪際、会う事はないだろうと言うのだ。だが、そこへ吉之助が藩士を大量につれてやってくる。岩倉の文を読ませた事で、皆感銘を受けたのだった。皆は岩倉にその教えをこいたいとするのだが、岩倉はすでに天子様にも忘れられた身分だとする。だが、そこへ岩倉の息子が現れる。天子様より謹慎がとかれて都に戻る事になったのだと。さらに、天子様より岩倉の事を心配する言葉も授けられた。

これにより岩倉は再び都に戻る事を決意するのだった。

感想

怪人・岩倉具視=笑福亭鶴瓶の独壇場という感じの回でした。結構なアドリブがあったという話もありますが、どこまでが台本どおりで、どこまでがアドリブなのかはわかりませんが。もちろん、倒幕に向けて重要な人物となるはずの岩倉具視ですから、西郷と岩倉が出会うという重要な回でもあります。

一方で、慶喜は吉之助たちからは倒幕のために邪魔な存在に、幕府側からも天皇に近づく面倒な存在として描かれています。もはや、信じられるものがいないという慶喜は、自らでなんとかしようとしか考えてないのでしょうね。

岩倉具視が大量の文をしたためていたというのは史実でもあるようです。こうやって吉之助が藩士を連れ立ってきたのかは知りませんが。この鶴瓶岩倉具視がどう絡んでくるのかは、なかなか楽しみです。まあ、しかし公家というか、関西弁といい話し方といい、完全に噺家にしか見えないのですが。それでも一人称がまろというのがまた面白い

次回は、再び吉之助と龍馬の回。龍馬を連れて薩摩へ戻るという回になるようです。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-08~2018-12-14

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6