TopTVドラマ大河ドラマ > 西郷どん 第18回「流人 菊池玄吾」ネタバレ感想
« あらたな決意「鉄腕!DASH!!」リスタート | メイン | 永遠のスター 西城秀樹 急逝 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

西郷どん 第18回「流人 菊池玄吾」ネタバレ感想



西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」第18回の感想です。

第18回 「流人 菊池玄吾」

あらすじ

月照(尾上菊之助)とともに海に身を投げた吉之助(鈴木亮平)は奇跡的に一命を取りとめていた。吉之助は、菊池玄吾と名を変えて奄美大島へと流される。

スポンサードリンク

吉之助は島の龍佐民(柄本明)の敷地内に住まわせてもらっていた。しかし、自分だけが生き残ってしまった事で吉之助は自暴自棄の毎日を過ごしていた。

なかなか、島の人を寄せ付けない吉之助に、とぅま(二階堂ふみ)がごはんを作りに訪れるが、手に入れた入れ墨をみて、このような墨のいれたものの飯は食えないとはねつけるのだった。

島では薩摩よりサトウキビの栽培での砂糖作りによる年貢に苦しんでいた。この年は、嵐によりサトウキビの収穫量が減り砂糖の量も減ってしまっていたのだった。

おりしも薩摩から来ていた代官・田中雄之助(近藤芳正)が年貢の採りたてにやってきていたが、子どもが落ちていた砂糖をこっそりと舐めていたのを見つけ咎められていた。見せしめにするべく、打ち首にしようとするが、そこへ吉之助が現れて止めるのだった。吉之助は殺すのならオイを殺せと役人たちを投げ飛ばすのだが、このままでは島のもの全員が罰をうけるという佐民の言葉に引き下がるのだった。

吉之助の元を訪れたとぅまは礼を言うのだった。とぅまは島では、薩摩より砂糖を搾取されて地獄のようだという。先代の殿様が亡くなって良くなるかと思ったが何も変わらないと。吉之助は、前藩主・斉彬の事を悪く言われ、つい言葉を荒げてしまうのだった。

そんな吉之助のもとに正助(瑛太)より文が届くのだった。大老・井伊直弼(佐野史郎)による粛清の嵐によりついには、橋本左内(風間俊介)までもが命を落としていたのだった。それを知った吉之助は嵐の中で外に飛び出してしまうのだった。

翌朝、吉之助はとぅまによって発見される。熱病にかかった吉之助は、瀕死の状態に陥ってしまうのだった。吉之助に災いをと願った事が原因だと思ったとぅまは必死の看病をするのだった。夢の中で彷徨う吉之助をとぅまが手を引き連れだす。高熱から目を覚ました吉之助は、とぅまの看病により生きながらえた事を知るのだった。

とぅまの元へ行き礼を言う吉之助は、とぅまに島の事をもっと知りたいと願い出るのだった。

感想

江戸編から一転して流刑の身となった吉之助の奄美編が始まりました。

一旦、中央の出来事から身を引いた立場となる、吉之助ですが、ここでの出会いがこの後の吉之助にどう影響するのでしょうかね。

奄美では島での妻となる愛加那との出会いがあります。愛加那(とぅま)との最初の出会いはあまりいいものではありませんでしたが、そこは人たらしの西郷。やっぱり、人を引き付けてしまうのでしょうね。これまで、薩摩、そして日本国の為を思って動いてきた吉之助ですが、その影で苦しんでいた奄美の人々の暮らしがあった事を知る事になる訳です。

奄美編はスタートしたばかりですが、西郷はここで3年あまりを過ごす事になる訳ですが、どのくらいの話数をとるのでしょうかね。あまり長々とやるわけにもいかないですが、しばらくは続きそうです。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-02~2018-12-08

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6