TopTVドラマ大河ドラマ > 西郷どん 第11回「斉彬暗殺」ネタバレ感想
« さんタク 2018 さんまがインスタに挑戦 | メイン | 「この世界の片隅に」が今夏に連ドラ化 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

西郷どん 第11回「斉彬暗殺」ネタバレ感想



西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」第11回の感想です。

第11回 「斉彬暗殺」

あらすじ

斉彬(渡辺謙) は、篤姫 (北川景子) を将軍家定(又吉直樹) へ嫁がせるべく、阿部正弘(藤木直人) の仲介もあって家定と謁見するのだった。だが、家定の挙動は怪しく、戸惑う斉彬だった。

スポンサードリンク

この斉彬の画策に、彦根藩主・井伊直弼(佐野史郎) は嫌悪感をあらわにする。一橋慶喜(松田翔太)を次期将軍におす斉彬ら一橋派に対して、直弼は徳川慶福をおす南紀派でもあったのだ。

一方、吉之助(鈴木亮平) と相撲をとっていた斉彬の息子・虎寿丸が突如倒れる。虎寿丸は数日の間に亡くなってしまうのだった。自らの息子がなくなったのにもかかわらず、斉彬は慶喜擁立へ向けての行動を続けていく。この様子に、篤姫も困惑するのだった。

薩摩でもこの事は広まっていた。再び由羅騒動のような事態になるのではと不穏な状況となっていた。大久保正助(瑛太)は、久光(青木崇高) より宝島事件の文書を探すように命じられていた。イギリスがどのように戦ったのか知りたいというのだ。

斉彬は、徳川斉昭(伊武雅刀) 、一橋慶喜、松平春慶(津田寛治) らを集めて密談をする事となる。その場には、橋本左内(風間俊介) 、西郷吉之助も同席していた。篤姫を将軍・家定に輿入れし、世継ぎとして慶喜を推す事で一致するのだった。だが、当の慶喜は将軍になる気はないといい、その場から去ってしまうのだった。

その後、吉之助は世継ぎが作れないという家定の真偽を斉彬に尋ねようとするのだが、突如斉彬は倒れてしまうのだった。
病の縁にあった斉彬の無事を祈り滝行などに励む一方で、吉之助は斉彬は毒殺されようとしたのではと疑いはじめる。

吉之助は斉彬の食事から一品を拝借し、品川宿にいた左内の元へ持ってくのだった。そこに居合わせていた慶喜ととももに、その食事中にヒ素が購入されている事を知るのだった。さらに、彼らの話を聞いていた面をつけた謎の男と出くわすが取り逃がしてしまうのだった。

吉之助は、これが斉彬の父・斉興(鹿賀丈史) の仕業と疑い、斉興の元へと参じるのだが、証拠もなく一蹴されてしまうのだった。

さらに、容態を取り戻していた斉彬が蒸気機関の製造にめどがたったところ、帰ってきた吉之助を叱りつけるのだった。毒をもられているという吉之助に、命など惜しくないとし、日本を変えねばならぬと斉彬は言うのだった。

一方、直弼の元には、長野主膳が斉彬が持ち直していた事を知らせていた。さらに、斉彬を狙うものが多いと言うのだが、その側には例のお面がおいてあるのだった。

感想

篤姫の輿入れ間近となった頃、斉彬たちの計画も着々とすすめられていたようです。どうやら、斉彬は亡くなる前年にも倒れていたようでして、やはり毒殺説はあり得るのかなという解釈なのでしょう。

又吉演じる徳川家定がなかなかのもので、実際の家定もあれに近いのではという話も出ています。あの家定の元に輿入れする篤姫は、ただでさえも大奥という世界に飛び込まねばならないのに、夫があの様子だと苦労しそうだなというふうに思えますね。

吉之助は斉彬のやり方に徐々に戸惑い始めているようですが、それでもなお斉彬に心酔しているところもありと複雑な状況。斉彬に毒を盛っているという説は、左内の知見によれば正しかったという事になりますが、吉之助に見えている世界が狭いばかりに逆にとんだ迷惑ともなっています。吉之助の目からはやはり、父・斉興が怪しいという風に見えているようですが、斉彬を狙っているのは他にもいたという事になります。

次回は、いよいよ篤姫の輿入れが決まるようですが、一筋縄ではいかなそう。あの家定ですし。篤姫と吉之助の間の秘め事も気になります。
この後、阿部正弘、斉彬と次々に亡くなるわけですが、もう少し先になるのでしょうか。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-08-08~2018-08-14

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6