TopTVドラマ大河ドラマ > 西郷どん 第9回「江戸のヒー様」ネタバレ感想
« ほぼ月刊 こーいちぶろぐ 2018年2月号 | メイン | 今期(2018年冬)見てるアニメを並べる »
このエントリーをはてなブックマークに追加

西郷どん 第9回「江戸のヒー様」ネタバレ感想



西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」第9回の感想です。

第9回 「江戸のヒー様」

あらすじ

斉彬(渡辺謙) と共に江戸へ上る事となった吉之助(鈴木亮平) 。江戸の薩摩屋敷にて、大山格之助(北村有起哉) 、有村俊斎(高橋光臣) と再会を果たす。

スポンサードリンク

阿部正弘(藤木直人) より江戸の情勢を聴く斉彬。横浜にあらわれたペリーに徳川斉昭(伊武雅刀) は打ち払うべきだとするのだが、井伊直弼(佐野史郎) の一言で開国へと向かってしまったのだという。斉彬は、何やら策を考えるのだった。一方、篤姫 (北川景子) は、斉彬の嫡男相手に稽古をつけたり相撲の相手をしていた。西郷がやってきている事を知り喜ぶのだった。

2人に連れられて品川宿の旅籠にやってくる。薩摩にいる正助らの事を思うとここで飲み食いしてる場合ではないと出ていこうとする吉之助だったが、そこでかつて薩摩で助けたふき(高橋凛) と再会を果たすのだった。あれから、流れ流れて江戸までたどり着いていたのだった。その、ふきを気に入っているヒー様(松田翔太)と出会う事となる。ふきに頼まれて正助の似顔絵を描くヒー様だったが、その姿は顔は吉之助だが体は牛というものだった。その後いざこざがあり、ヒー様は吉之助にその場は預けて去ってしまうのだった。

薩摩屋敷に帰ってきた吉之助だったが、門限の時間は過ぎており、吉之助だけが見つかってしまう。吉之助は罰として屋敷の掃除をする日々を送る事になるのだった。そんなある日、吉之助は斉彬の命により、斉彬の屋敷のお庭方を命じられるのだった。

薩摩に残る西郷家や正助に文が届けられていた。斉彬の屋敷にて庭掃除をしているという吉之助。正助は、斉彬の側にいる吉之助に文を返そうとするのだが、同時に自らの状況に苛立ちも覚えるのだった。

お庭方の仕事をする毎日だったが斉彬と会う事はなかった吉之助。そんなある日、仕事を終えて帰ろうとしたとき、斉彬がやってきたのだった。斉彬は、水戸様の屋敷へ行き文を届けるように吉之助に命じる。吉之助が刀を振るえぬ身である事から、かつで出会った少年である事に気づくのだった。吉之助に命を預けてくれと頼む斉彬は、自らの脇差を授けるのだった。

水戸屋敷へ向かった吉之助。先代斉昭は、斉彬からの書状を破り捨ててしまうのだった。なぜかと問い詰める吉之助に、斉昭は徳川家の悪口が書いていたからだとする。文を破り捨てたという事は、自らの心の中にしまったという事だと伝えるのだった。そこへ斉昭の嫡男、慶喜がやってくるのだった。なんと、それは品川宿であったヒー様であった。

のちの徳川最後の将軍、一橋慶喜と西郷吉之助の最初の出会いであった

感想

西郷吉之助がいよいよ江戸へという回になりました。今回のメインは、ヒー様こと、後の将軍、一橋慶喜との出会いでした。若いけどちょっと癖のあるキャラ。似顔絵を描いたりとかいうと、将軍職を退いたあとの慶喜にも通じるものがありますね。

そして、相変わらず吉之助はお硬い。まあ、大山と有村に連れていってもらったおかげで、ふきとの再会や、ヒー様との出会いがあった訳なので感謝しなければだと思います。しかし、まあ一人だけ門限やぶりがバレてしまう辺り、意外とどんくさい。体が大きいので目立つのでしょうね。

罰としての掃除番が役に立ったかはわかりませんが、斉彬邸でのお庭方は要領を得ていたようです。吉之助の気遣いに気づいていたかどうかはわかりませんが。斉彬は少年時代の吉之助との出会いは別に覚えていた訳ではないんですね。ただ、泣き虫のやっせんぼってところまでは覚えていたので、それなりのインパクトはあったのでしょう。

吉之助が斉彬の側近として働く事になる一方で、大久保正助は未だ薩摩でくすぶっている状態。まあ、正助はこれから表舞台にでる訳ですから、心配はいらない訳ですが、本人にとっては歯がゆいのでしょう。

そして、いよいよ井伊直弼登場。あの井伊直政から続く井伊家の当主。彦根藩主で後の安政の大獄をおこなう井伊直弼です。井伊には井伊の歴史があった訳ですが、水戸徳川家や斉彬からは煙たい存在のようです。

次回は、篤姫が将軍家定に輿入れする回となるようです。で、吉之助はどうなるんでしょうか!?斉彬も暗躍もありますが、実はもう先が長くないんですよね。阿部正弘も亡くなる事になるので。西郷としては表舞台に出る一方で正念場でもあります。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-11-06~2018-11-12

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6