TopTVドラマ大河ドラマ > 西郷どん 第4回「新しき藩主」ネタバレ感想
« 大戸屋 ネギたっぷりの炭火焼きチキンが香ばしい「塩葱だれの炭火焼きチキン定食」を食べた | メイン | ブルーレイレコーダー(REGZA DBR-W1007)購入で分かったHDVRの事実 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

西郷どん 第4回「新しき藩主」ネタバレ感想



西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」第4回の感想です。

第4回 「新しき藩主」

あらすじ

斉興(鹿賀丈史) が起こした粛清の嵐。「お由羅騒動」はついに、赤山靱負(沢村一樹) に切腹の沙汰が下るのだった。

スポンサードリンク

そして、赤山の介錯を吉之助(鈴木亮平) の父・吉兵衛(風間杜夫) に任される事となる。赤山は、吉之助たちを呼んで、最後の酒を振る舞うのだった。そこにだされたさつまいものように、姿形は皆違うが、ぶつかり合っていい味が出るようになると。

ついに赤山の切腹の日がやってくる。吉之助はいてもたってもいられず、吉兵衛とともに赤山の最後を見届ける事にするのだった。赤山が命を落とし、我慢がならなくなった吉之助は由羅を切るとその場を走り出そうとするが、吉兵衛に必死に止められるのだった。

さらには、大久保正助(瑛太) の父・次右衛門(平田満)もまた喜界島に島流しに会うのだった。吉之助は、江戸にいる斉彬 (渡辺謙) にこの事を文にしたためるのだった。何をためらっているのかと。

翌年、江戸へと呼び出された斉興(鹿賀丈史) は、将軍より茶器を賜り隠居の勧告を受ける事となる。斉興と対面した斉彬は、父は自分によく似ているとし、自分を戒めるのだった。西郷から数多くの文。さらには、赤山の血衣を手に取り、これまで犠牲になった人たちに報いるためにも、自分が藩主になるしかないとする。
斉興 には、密貿易や琉球出兵の件での幕府より沙汰がくだされるだろうという斉彬。引退し、斉彬に家督をゆずれば穏便に済ませてくれるともいう。しかし、斉興は薩摩藩が取り潰しになろうとも、斉彬には家督はゆずらないと聞かないのだった。

斉彬は最後の手段に出る。メリケンから取り寄せたというピストルを手にし、弾丸をひとつだけ入れたとし自らの頭に向ける。死ななかった方が、藩主になるというのだ。斉彬が引いた引鉄は不発。斉興の番となる。しかし、斉興は引鉄を引く事が出来ず。これにより、斉彬が藩主になる事になる。

ようやく藩主となった斉彬が薩摩へと帰還する。吉之助たちは、新しい藩主を歓迎するのだった。

感想

お由羅騒動にて赤山が切腹にという流れは決まっていたのですが、あっという間でした。介錯を頼まれた吉兵衛が、確実に介錯をつとめる為に必死で剣を振るう稽古をする姿はいたたまれないものがありました。これだけ見ると斉興が凄い悪政をはたらいていたようにも見えますが、必ずしもそういう訳ではないのですよね。

赤山の切腹。大久保正助の父は島送りに。阿部正弘経由で将軍から茶器が送られ隠居勧告となり、さすがにあっさり隠居かと思ったら、いがいとしぶとかった。簡単には隠居はしないという斉興だったが、今回ばかりは斉彬の執念が上回った感じです。さすがに、ピストルを向けてロシアンルーレットをやるとは思いませんでしたが。しかも、斉興があのまま打っていたら弾が発射され死んでいたという落ちまで残して。

待望の新藩主となった斉彬ですが、この後対西洋諸国の事を考え富国強兵を強める事になります。吉之助がのぞんだ百姓や下級武士達の困窮に対して、むしろ悪影響ともいえる事ですから、この問題をどう扱っていくのかは気にありますね。

次回は、なぜか相撲の話。糸がお嫁に行くかもという話ですね。そして、後の篤姫が登場する。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-10-16~2018-10-22

アーカイブ

カテゴリー別 月別

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6