Topインターネットサイト > 富士フィルムの「フィルムスキャン」サービスで懐かしの写真が高品質デジタル化
« 大河ドラマ おんな城主 直虎 第45回 「魔王のいけにえ」 ネタバレあり感想 | メイン | 大河ドラマ おんな城主 直虎 第46回 「悪女について」 ネタバレあり感想 »

富士フィルムの「フィルムスキャン」サービスで懐かしの写真が高品質デジタル化

2017年11月18日

富士フィルム フィルムスキャンサービス

先日、書いていた、昔の写真ネガからDVD化するサービスを使ってみました。

今回は、コマ指定よりも割安なので、フィルム1本まとめてデジタル化する方で、6本分を申し込みました。フィルム10本分から基本料無料なので、さらに割安なんですが、そこまで選ぶの大変だったのでやめておきました。

スポンサードリンク

サービスを申し込んでからすぐに、フィルム送付用の郵便物が送られてきました。内容物はこんな感じです。フィルムを入れる箱と、返送用の袋と伝票などが入ってきました。

富士フィルム フィルムスキャンサービス

送付するフィルム6本分。どうでもいい写真も混じってますが、1998~2002年にかけて撮った写真の一部です。主に青森に帰省したときの写真になります。

富士フィルム フィルムスキャンサービス ネガ

フィルムは袋にいれて、同封されてきた小箱にいれて返送します。伝票は着払い用があらかじめ入っているので、コンビニ持ち込みでちゃちゃっと送付しました。

富士フィルム フィルムスキャンサービス 送付

返送してから2週間ほどかかかるとありましたが、思いのほか早く着きました。11月2日に送付してから出来上がってきたのを送付されたという通知が来たのが11月7日。平日は不在なので実際に受け取ったはのは11月12日でしたが、かなり速い仕上がりでした。

さっそく出来上がった画像の仕上がり具合を見てみます。まずは、以前に載せた自前でフィルムスキャンした画像になります。

竜飛岬 2000-08-16

そして、今回出来上がってきた画像がこちら。オリジナルの画像はもっと高解像度になっていますが、これでも随分キレイにスキャンされているのが分かると思います。少し白く欠けている箇所がありますが、これはフィルムの保存具合によるものだと思います。

フィルムスキャン 龍飛岬

さらにもう1枚。2001年8月12日に撮影された弘前城になります。この時、何枚か撮った中で一番まともにとれていた写真。当時、自前でもフィルムスキャンしてなかったので、デジタル化出来たのは凄く嬉しい。

弘前城(2001.08.12)

フィルム1本辺りのデジタル化が486円。これを安いとみるか高いとみるか。これだけの品質でデジタル化出来るならば割安かなと思います。たくさんフィルムがあるなら、10本以上で基本料金無料なのでさらに割安にも出来ますからね。

それでは、ここまで。

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。