TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ おんな城主 直虎 第38回 「井伊を共に去りぬ」 ネタバレあり感想
« ヒトカラ セットリスト 2017/09/23 | メイン | すき家のさんま牛が思いのほか美味かった »

大河ドラマ おんな城主 直虎 第38回 「井伊を共に去りぬ」 ネタバレあり感想

2017年9月26日

おんな城主 直虎

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第38回の感想です。

第38回 「井伊を共に去りぬ」

あらすじ

直虎(柴咲コウ)の説得もあり近藤康用(橋本じゅん)は井伊から逃げる事を決めるが、武田には下らぬと井伊の城を燃やしてしまったのだった。もぬけの殻の井伊には、事前に百姓たちが米なども持ち出していたため何も残っていなかった。これに怒った信玄(松平健)は、村々を焼き払ってしまうのだった。

スポンサードリンク

落ち着いた頃を見計らって南渓(小林薫)は信玄の元を訪ねていた。井伊の者が立ち上がり近藤を討とうとしたが火をつけて逃げられてしまったと。さらには、これを機に井伊の旧領を安堵し井伊家を復せぬかと願い出るのだった。

武田から井伊に安堵状が届くが、その代わりに近藤の首を差し出せというのだった。近藤には名目上のことだとし、以前に井伊と小野が争っていたように見せかけたように、近藤と井伊が争っているように見せかければいいというのだった。

井伊城の焼き払ったときから不穏な動きをしていた高瀬(高橋ひかる)を龍雲丸(柳楽優弥)は気にしていた。井伊の屋敷で高瀬は死のうとしたのではと。その言葉に、直虎はかつての政次が言っていた「武田の間者ではないのか」の言葉を思い出すのだった。
近藤に薬を持っていこうとしていた高瀬を呼び止める直虎。腰が痛くてと、薬をもらおうとするのだが、断れてしまい落としてしまう。直虎は、毒が盛られていると察し、高瀬を問い詰めるのだった。直親の娘というのは本当だが、重い借金があり武田の間者となった事を明かすのだった。直虎は、既に井伊も焼き払われており武田からこれ以上の追手はこないだろうと高瀬を諭すのだった。

武田が西上を急いでいた事もあり、武田が去ったあとの井伊の村へ戻ることとなった。村が焼かれた事を詫びる直虎だったが、村人たちはそれをとがめる事はしなかった。村の復興が始まるのだった。

そんな折、龍雲丸のところへ中村屋(本田博太郎)がやってくるのだった。堺での詳しい話をしにきたのだが、直虎はすっかり堺行きの事を忘れていたのだった。龍雲丸より、ここに残ったほうがいいと諭されるが、それでも堺へついていくという直虎に龍雲丸も堺の話をしだすのだった。

いよいよ龍雲丸と共に直虎が堺へと旅立とうとするなか、南渓のところに傑山(市原隼人)から報せが入る。なんと、武田信玄が亡くなったというのだった。直虎は、南渓の表情から何かあった事を読み取り堺へ向かうというのに心あらず。そんな直虎の様子を察した龍雲丸は、直虎をばばあと罵倒しここに残るように仕向けるのだった。最後は、直虎も納得し、龍雲丸には自由に生きてほしいと願うのだった。ただひとつ、我よりは先に死なないという約束は守ってくれと。

龍雲丸が旅立ち、直虎は寺へと戻ってくるのだった。旅立ったはずの直虎が戻ってきておどろく南渓や直之(矢本悠馬)たちであった。

そして、2年の月日が流れる。相変わらず農婦として働く直虎の元へ南渓が報せを持ってくるのだった。直親の十三回忌に、松下の者たちもやってくるというのだ。虎松もいっしょに。
井伊へとやって来たしの(貫地谷しほり)、なつ(山口紗弥加)そして虎松(菅田将暉)。成長した虎松の笑顔に、直虎は亡き直親の面影を見るのだった。

感想

もう武田の勢いがとどまるところを知らず。あっという間に井伊も通り過ぎていってしまいました。そして、信玄もあっという間に逝ってしまいましたね。つい前々回で北条氏康が死んだことを踊って喜んでいた信玄がまたあっさりと死にましてございます。どちらかと言うと、信玄が「風と共に去りぬ」と行った感じでした。

その信玄とサシ飲みをしていた南渓がまた。信玄相手に堂々と井伊を復したいと願い出るとは。井伊の城を焼き払ったのは近藤のやった事してうまい具合に信玄を丸め込めました。もっとも、近藤ともうまくやるというのが味噌なんですが。

堺へは行くのか行かないのか、最後まで一悶着ありましたが、やはり直虎は井伊に残るのですね。そして、堺へと旅立った龍雲丸はこれにてお役御免という事になるのでしょうか。もしかしたら直虎の晩年に登場する可能性はありそうですが。オリキャラではありながらも物語の進行に大いに絡んでいた龍雲丸。最後は、直親、政次を差し置いてとわと夫婦にまでなっていましたが、直政登場と入れ替わるかのように去っていきました。

最後も、龍雲丸らしい別れ方だなという感じでしたね。直虎をばばあと言ったり、前の男に未練たらたらとかもう言いたい放題。ずっと待っているという龍雲丸に、待たずとも良いと言った直虎。直虎も、龍雲丸が本来は自由な人である事を知っているのでね。やはり、龍雲丸らしい生き方をして欲しいと思ったのでしょうね。

武田信玄が亡くなり、井伊は再び徳川のものに。そしてついに、虎松が井伊に帰ってきました。菅田将暉の虎松は、もう完全に直親のスケコマシっぷりが顔に出ています。ただ、虎松は野心満々のようですね。直虎が一旦はあきらめた井伊の復活を虎松は今一度目指そうとする訳ですが、どういう形で事が進むのかは気になるところです。ここは虎松が直虎をどう説得するのかというのが見どころになるんでしょうね。

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。