TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ おんな城主 直虎 第30回 「潰されざる者」 ネタバレあり感想
« カレーうどんせんきち 夏フェア 冷たいシーフードカレーうどんを食べてみた | メイン | ほぼ月刊 こーいちぶろぐ 2017年7月号 »

大河ドラマ おんな城主 直虎 第30回 「潰されざる者」 ネタバレあり感想

2017年8月 1日

おんな城主 直虎

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第30回の感想です。

第30回 「潰されざる者」

あらすじ

今川は、いよいよ武田・徳川との戦を決意し、配下の国衆たちに戦支度を命じるのだった。

戦支度で潤っていた方久(ムロツヨシ)に、氏真(尾上松也)から呼び出したがかかるのだった。

スポンサードリンク

方久が望んでいた気賀に蔵を建てる事を許すかわりに、氏真は井伊に対して徳政令を出す事とし、方久には井伊に借金の取り立てをするように迫るのだった。方久の持っている土地はもちろん、気賀も方久のものとし安堵するというのだった。

駿府から戻った、政次(高橋一生)は、今川よりの戦支度の下知を告げるのだった。既に、徳川と結ぶ事を知っていた直之(矢本悠馬)や六左衛門(田中美央)は落ち着かぬ様子だった。

直虎(柴咲コウ)は、政次が既にその事を知っている事を言えぬ事に気をもむのだったが、政次は以前に寿桂尼(浅丘ルリ子)に謁見した際のことを尋ねるのだった。それは、今川に謀反の疑いのある国衆をあぶり出すためのもので、井伊もその対象だったのだと。直虎は、今のところ何に沙汰もない事から、井伊は疑われておらぬのだろうとするのだった。

戦支度の事もあり気賀までやって来た直虎は、方久の元を尋ねる。龍雲党のものたちから、方久が蔵を建てる事知らされていた、直虎は井伊の材木を使ってくれるのだろうというが、方久の返事はそっけない。すでに、今川から井伊が取り潰される事を知らされていた方久は、たどたどしい返答になってしまうのだった。

一方、政次は今川の事で自身が知らぬ事が増えてきた事で、今川からの信頼を怪しんでいた。そこで政次は、龍雲丸(柳楽優弥)を使って方久をおびき出す事にしたのだった。自身の身は危ない事から、気賀から行方をくらまそうとしていた方久だが、三河からの尋ね人があると龍雲丸に呼び出されたが、そこにいたのは政次であった。
政次は、三河の者と知りながら会おうとした方久に疑いをかける。そして、今川から井伊に徳政令が出されようとしている事を知るのだった。今川が井伊を取り潰そうとしている事を知る政次。

その頃、井伊へ関口氏経(矢島健一)がやって来ていた。かつて、井伊の百姓たちが今川に願い出た徳政令を今受け入れたとして、速やかに徳政令をだすようにと下知が下るのであった。突然の事におどろく直虎。直虎は、翌日までの約束で考えるいとまをもらうのだった。そして、方久から自体を聞いた政次は、すみやかに徳政令を行った方が身のための言うのだった。

直虎は、政次が腑に落ちていない事を気にしながらも、なんの疑いももっていなかった自身を責めるのだった。南渓(小林薫)は、かつておとわに「明日今川屋敷が焼けてしまうかもしれぬ」と言ったなぐさめも、いまならばどうだろうかと直虎に問いただす。井伊が滅んだ後、その今川もまた滅ぶかもしれぬと。
直虎は、思案の挙句徳政令を出す事に決めるのだった。一度、取り潰された後に、関口の首を徳川に差出し、再び井伊を復活させるのだと。

その頃、関口の元に、井伊の百姓たちが集まっていた。かつての徳政令の願い出た事を今は望んではいないと押しかけていたのだった。関口の家来に痛めつけられながらも続ける百姓たち。
影からそれを見ていた政次の元に、直虎がやって来るのだった。しかし、政次は突如直虎に刃を向けるのだった。ただ、「俺を信じろおとわ」とだけ告げて。

感想

いよいよ、物語は中盤の山場を向かえてきました。まさに大河ドラマらしい展開です。亡き寿桂尼の策で、井伊を取り潰しにかかる今川。政次も、寿桂尼からは信頼されていなかったようで、今回の話はまったく知らされていなかった。

既に、今川は武田と徳川に挟まれており、かつてほどの力のない状況。既に、徳川に寝返る事を決めていた井伊からすれば、徳政令をはねつけて今川に力で抑え込まれるのは得策ではないという事になります。徳政令を行い、いったん井伊が取り潰される自体となっても、結果的によみがえれればいいという決死の策にでる事になりました。

しかしながら、直虎と政次。井伊を守ろうという意思は同じながらも、共に力を合わせてといかないところが辛いですなぁ。政次が直虎に刀を向けたのもそういった事情からでしょう。表向きは、今川の犬。井伊からは嫌われている存在であり続けなければならないわけですから。

この後、徳政令を行い、取り潰しとなる井伊。史実では政次はこれに乗じて井伊を乗っ取るという行動をとるわけですが。そして、徳川に攻め込まれて、政次は囚われて死罪となるのですが。今の状況から、政次がどういう行動をとるのかは気になります。いずれにせよ、政次の出番は、あと数話という事になりそうです。

来週は、今川から虎松の首が狙われる事になるようです。いよいよ、佳境となってきました。直虎と政次の動向も気になります

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。