TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ おんな城主 直虎 第28回 「死の帳面」 ネタバレあり感想
« Amazonプライムデーでゲット!! fire TVstick 開封の儀 | メイン | Amazonプライムデーでゲット!! スマートフォン用レンズ 3点セット »

大河ドラマ おんな城主 直虎 第28回 「死の帳面」 ネタバレあり感想

2017年7月18日

おんな城主 直虎

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第28回の感想です。

第28回 「死の帳面」

あらすじ

直虎(柴咲コウ)はついに気賀を治める事となった。

一方、今川では武田義信の自害を受けて、寿桂尼(浅丘ルリ子)が動き出していた。なんと、寿桂尼自らが武田信玄(松平健)の元を訪れて、氏真の妹・鈴を返してもらうように頼み込んでいたのだった。

スポンサードリンク

もちろん、信玄がやすやすと鈴を返してもらえると思っていなかった寿桂尼は駿府に戻るなり、春を伝手に北条氏と接触を計っていた。北条幻庵を武田信玄に遣わし、鈴を戻してもらえるように取り計らうのだった。武田より誓詞を求められ、氏真(尾上松也)が渋々これに応じて、なんとか鈴を取り戻すのだった。
武田との間が一段落した、氏真は遊びほうける日々を送っているのだった。

一方、直虎は気賀にて堀川城の落成を向かえていた。瀬戸方久(ムロツヨシ)を城代とし、治める事となるのだった。

氏真は、寿桂尼が昔からの繋がりを利用して次々と事を解決するさまを面白くなく思っていた。寿桂尼に上杉へ書状を出すように頼まれた氏真だったが、寿桂尼と対立してしまう事となる。しかし、これがきっかけで、寿桂尼が再び病の床についてしまうのだった。

氏真は、自らの行いを後悔し、寿桂尼が戻ってくるように願うのだった。屋敷中の笛や太鼓を用意し宴の音を聞かせれば、戻ってくるやもしれぬと。寿桂尼は、子供の頃の氏真、そして父・義元が生きていた時代を夢に見ていた。寿桂尼はようやく目をさますのだった。氏真は、寿桂尼にこれからなすべき事を訪ねるのだった。

井伊では、政次(高橋一生)が寿桂尼の様体の事を直虎に知らせていた。戦の準備をしておくように忠告するのだった。寿桂尼がなくなれば、武田は今川に攻め込むだろうと。そうすれば、井伊は今川の兵として使われるだけだと。今のうちに、寝返りを画策するのがよいと進言するのだった。

かつて寿桂尼より、領主となる事を許されたときの事を思い出してた直虎。そんなとき、寿桂尼か会いにくるように書状を受け取るのだった。
駿府にて、寿桂尼と対面する直虎。寿桂尼は、かつての直親暗殺の事を恨んでいるだとうと問うのだった。直虎は、家を守るという事は、きれい事だけでは済まされぬと言うのだった。寿桂尼は、かつてのおとわ、次郎、そして直虎となって会いに来た時の事を話、自分の娘であったならと言い、今川をよろしく頼むとするのだった。

しかし、この時寿桂尼は、今川と縁のあるものたちを次々と呼び出していた。政次によれば、寿桂尼は最後のお勤めのつもりなのだろうと。かつての恩を思い出させて少しでも離反を防ごうとしているのだろうと。
だが、事はそこまで甘くはなく、今川屋敷では粛清の嵐が吹いていた。寿桂尼の付けた帳面にバツ印のついたものから暗殺されていったのだった。そして、井伊直虎も粛清の対象となっていた。

直虎は、南渓(小林薫)より今川が上杉と手を組もうとしているとし、武田もすぐには動けないだろうと。さらに、徳川の動き次第では、武田は今川には攻め込まないのではとする。直虎は、徳川に上杉と手を組み、武田の動きを封じ込められないかと提案する。今川から余計な詮索を受けぬかと政次に心配されるが、戦とならぬようにするためだとする直虎であった。

そして、徳川家康(阿部サダオ)の元に、直虎から書状が届くのであった。

感想

直虎の内政が実を結び、ついには気賀を手に入れるまでになったというところでしたが、着々と情勢は動き出していました。

寿桂尼が最後の大仕事と武田信玄の元を訪れたり、北条の手を借りて鈴を取り戻すなど八面六臂の活躍。これを見たら、さすがに氏真も嫌になるというもんです。ただ、これも寿桂尼が最後まで今川を守ろうとしていたという事でもありました。自らの顔を使ってなりふり構わず動いた結果です。

氏真との一悶着のあと、再び倒れてしまった寿桂尼でしたが、戻ってきてからは最期の仕事にとりかかります。直虎を呼び寄せたときは、昔話に花を咲かせるのだろうと思っていましたが、これがなんと死の面談でした。この者たちが、自分が亡き後今川に付くかどうかを品調べしていたのですね。

まさしく死の帳面と化していました。氏真も驚いたのが、直虎が粛清の対象になっていたところ。寿桂尼にとっては、嘘偽りなく自分の娘であったならという事なんでしょうね。しかし、井伊の娘である直虎は、自分と同じものを感じて裏切る事を予見していました。この辺は、寿桂尼も昔話に花を咲かせるだけではなく、直虎の事をよく見ていました。

直虎は、寿桂尼を裏切りたくはないが、戦もしたくないという事で、奥の手・瀬名を利用しました。徳川に上杉と結ぶようにけしかけるというとんでもない策です。まあ、そんな事をすれば今川から疑われるでしょうから、政次もヒヤヒヤものです。

そして、次回はホントにいよいよ寿桂尼が亡くなるようです。家康は上杉と結ぶか武田と結ぶかというところで迷っていますが、史実では武田と結ぶ事になります。そして、寿桂尼が氏真に託した策も気になります。史実どおりならば、政次を使って井伊を占領するという事になる訳ですが。

平穏だった井伊が一気に戦乱の時代に巻き込まれていきます。そして、政次の登場回数もあとどのくらいとなるのでしょうかね。悲劇の堀川城の行方も気になるところです

 

 
スポンサードリンク
コメントする
  • コメントするにはTwitter, mixi, Google,Yahoo! JAPAN, はてな, ライブドアのいづれかのIDでサインインしてください。
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。