TopTVドラマ大河ドラマ > 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第45回 「八幡宮の階段」 ネタバレあり感想
« 人間ドック結果 2022 良くもないけどまあまあ | メイン | 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第46回 「将軍になった女」 ネタバレあり感想 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 第45回 「八幡宮の階段」 ネタバレあり感想



鎌倉殿の13人

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。感想です。

第45回 八幡宮の階段

あらすじ

雪の夜。拝賀の礼が迫る。そんななか、仲章(生田斗真)によって、義時(小栗旬)は太刀持ちから外されていた。
義時は、義村(山本耕史)に公暁(寛一郎)はどこにいるかと問う。それに対して、なぜそれを問うと聞き返すのだった。なぜ、それを知って動かぬと。義時は、想いは同じだとし、鎌倉殿は憤っていると。

スポンサードリンク

待ち構えてきた公暁(柿澤勇人)は、仲章に太刀持ちが変わっているとは知らずに斬り捨てる。実朝は、懐刀を手に取るが、そのまま手から離して落としてしまう。そして、公暁は実朝を斬り捨てる。
公暁は、その場で切り捨てよと命が出るが、公暁はその場から姿を消す。

公暁捜索の最中、義時は次の鎌倉殿を巡って、上皇へ文を出すように命ずる。鎌倉殿を失ったが、動揺はないと。広元(栗原英雄)は、公暁が義時をも狙っていた事に驚きつつ、これで手間が一つ省けたと語る。

一方、政子(小池栄子)は、実朝の事に悲しみながらも、公暁を殺さないと話す。だが、それには、周りから反対される。そこへ、御台所がやってきて、生前実朝が残した最後の歌を持ってくる。時房(瀬戸康史)は、これは別れの歌だと。

逃げていた公暁が政子の元へ訪れる。公暁は、実朝に会っていた事や、ともに源氏を支えようと言われていた事も話す。謀反人に、御家人は付いてこないと話す政子。多分そうだろうと話す、公暁。知らしめたかったのだと。頼朝の孫、頼家の子であると。実朝のところから持ち出して髑髏を手にして、4代目は私だと言い残して立ち去る。

義時は、公暁を差し向けたのが義村だと思い問いただす。はぐらかしていた、義村だったが、話し出す。一時は公暁を焚き付けて鎌倉をとる事を考えていたがやめたと。義時の事を考えたら、嫌になったのだと。義時はまだ生かされていると話す。

公暁は、三浦の屋敷にやってくる。義村に京へ帰りたいとて、とりついでくれるように頼む。だが、義村は背後より、公暁をきり絶命させる。さらに首を、義時の元へ差し出す。

泰時(坂口健太郎)は、その後父・義時を呼び止める。義時は、鎌倉殿が殺される事を望んでいたと。これで、鎌倉を好きなように動かせると思っているだろう。だが、それは自分がそうはさせないと話すのだった。義時は、この申し出に、受けて立とうと話し、その場を立ち去る。

公暁の死もあり、悲しみにむせる政子は自刃しようとする。だが、そこの現れたトウに止められる。自ら死んではならないと。

実朝が死んだ子が京にも知らされる。鎌倉は恐ろしいとして、兼子は親王を下向させる事を取りやめるように話す。後鳥羽上皇は、まずは右大臣が亡くなった事を弔わねばらなないとしながらも、このままでは北条の好きなようにさせてしまうと。

一方、鎌倉では義時は、親王を鎌倉殿にする事を拒否する構えを見せる。時房や泰時には反対されるが、死んだものに気を使ってどうすると一蹴する。それでも朝廷の信用をうしなってはならぬと止められる。義時は、こちらから断ってはそうなるように仕向ける。そこで、早く親王を鎌倉殿にと催促するのだと。鎌倉殿を殺された上皇は怒っているだろうとし、断ってくるだろうと続ける。

政子は、鎌倉を去ると言い出す。だが、義時に止められる。頼朝の妻である政子がいればこそ、頼朝の意向に示すのだと。更に、政子に、鎌倉の闇を払うために何をされたと問いただす。

その義時は、運慶に自分に似せた仏像を作るように依頼するのだった。運慶の手によって掘るようにと。

感想

実朝の悲劇。いやしかし、まさかの歩き巫女が、こんなところで関わってくるとは。しかも、最終的にボケて「天命に逆らうな」を連呼していただけというオチ付き。えー、こんな事で、実朝斬り殺されたのかと思うとやるせませんね。

実朝の死は義時の思ったとおりだったが、変わり身となった仲章が死んだのは複雑な心境でしょうな。あそこにいたら、殺されていたかもしれないのだから。そして、盟友・三浦義村は、一旦鎌倉を取る事は諦めざおう得なくなりました。まあ、まだ諦めてなさそうだけど。

ここまでも対立する立場にあった泰時がいよいよ、義時と対峙するときがやってきました。義時からすれば、ちょっとだけ嬉しそうにもみえたのですけれどね。(喜んで)受けて立つと。

次回、政子が尼将軍として鎌倉に君臨します。まあ、義時あってのことではありますが。泰時は、時房を味方にしようとしているようです。義時亡き後に、泰時を支えるのは時房ですからね。この後の鎌倉が見えてくる回になりそうです。。

関連エントリー
スポンサードリンク

ブログ内検索

PVランキング

2024-02-20~2024-02-26

    最近のエントリー

    1. 新年早々に日航機・海保機衝突事故発生
    2. 新年早々発生した令和6年能登半島地震
    3. 新年年越しツイートは17年目
    4. 2023年の経県値
    5. 2023年面白かったアニメ10選
    6. 書きそびれてた映画感想「ゴジラ-1.0」【ネタバレあり】
    7. 大河ドラマ どうする家康 最終回「神の君へ」 ネタバレあり感想
    8. 大河ドラマ どうする家康 第47回 「乱世の亡霊」 ネタバレあり感想
    9. 大河ドラマ どうする家康 第46回 「大坂の陣」 ネタバレあり感想
    10. 大河ドラマ どうする家康 第45回 「二人のプリンス」 ネタバレあり感想
    11. 大河ドラマ どうする家康 第44回 「徳川幕府誕生」 ネタバレあり感想
    12. 大河ドラマ どうする家康 第43回 「関ヶ原の戦い」 ネタバレあり感想
    13. 大河ドラマ どうする家康 第42回 「天下分け目」 ネタバレあり感想
    14. 大河ドラマ どうする家康 第41回 「逆襲の三成」 ネタバレあり感想
    15. 大河ドラマ どうする家康 第40回 「天下人家康」 ネタバレあり感想
    16. 大河ドラマ どうする家康 第39回 「太閤、くたばる」 ネタバレあり感想
    17. 人間ドック結果 2023 概ね良好かも
    18. 大河ドラマ どうする家康 第38回 「唐入り」 ネタバレあり感想
    19. 大河ドラマ どうする家康 第37回 「さらば三河家臣団」 ネタバレあり感想
    20. 大河ドラマ どうする家康 第36回 「於愛日記」 ネタバレあり感想

    アーカイブ

    カテゴリー別 月別

    おすすめ

    • Powered by Movable Type 6.3.6